ハッタラコウ

最近、我ながら、がらにもなく、忙しい。
担当している仕事が、重なっている。
総合学習や、美術の授業など。
土日も、必ず一日は終日働いている。

…仕事について考える時、わしはいつも
ガクMC(だったっけ?)というミュージシャンの、「ハッタラコウ、ハッタラコウ」というサビをもつ歌が頭に流れる。
もしくは、マイケル・ジャクソンの「Working Day and Night」。

いそがしいけど、昨年度と違うのは、辛くないこと。
昨年度は、仕事、時々けっこう辛くなってたなあ。
わからないことばかりで。
今年度は、2年目なので、けっこう自分の視点を持って仕事に臨めるようになった。

「わからない」+「いそがしい」は、辛い。
「わかる」+「忙しい」は、楽しく、充実している。わしはこの状態で生活するのが一番好きだ。
「わかる」+「ひま」は、もどかしい。もしくは、なまけている。
「わからない」+「ひま」は、どうにかしたほうがいい。この際、冒険の旅にでも出るべきだ。

さあハッタラコウ、ハッタラコウ。
働くのはおもしろい。
開拓しよう。昨年度と、今年度の自分は違う。
先月の自分とも違う。
昨日の自分よりも、今日の自分のほうが、グレードアップしている。
そう感じながら、生きていきたいものだ。

社会性は、今でも乏しい。でも昔よりは身についてきた。
過剰性。それはいつでも、わしの主武器だった。
社会性と過剰性をミックスしよう。
良い仕事しよう。

美大生の頃は、「ボンヤリ」から、すべてを生み出していた。
ボン・ボンヤーリ(良いボンヤリを)という言葉が、キャッチフレーズだった。
忙しいと、ボンヤリしていられなくなる。
でも、働くと、花月のラーメンがうまく感じる。
働く前は、花月のラーメンは、そんなに好きじゃなかった。
あれは、仕事帰りのための食べ物だ。
こんな風に、働くと、見えてくるものが、やはりある。
労働の向こう側を見に行こう。
さあ、ハッタラコウ、ハッタラコウ。

そしてあと3年くらいしたらズバッとやめて別の世界に行こう。なんちゃって。
[PR]
by syun__kan | 2009-01-31 22:25 | 日記 | Comments(0)
<< ネガティブな感情について 記念碑的なまでに、どうでもいい日記 >>