ゲット・オールド・ウィズ・ミー

最近、毎週ネットカフェに来ている・・・
先週は、集中して通信簿を書くために来た。
そう、昨日は卒業式だったのだ。
教員になって二年目、わしは初めて、担任していた生徒が卒業する、という経験をしたのだった。
子供にとっては、学校に滞在するのは平日の、一日7時間。
その7時間を、誰と一緒にすごすのか?どこで、何をして過ごすのか?
これは、生徒にとって非常に重要な問題だ。
式の後の、保護者を交えた「送る会」で、担任として挨拶する折になり、
わしは2年間を振り返ったときに、
「私と一緒に、2歳も歳をとっていただき、ありがとうございました」
と、言うしかなかったなあ。
なんでこんな、よくわからない言い回ししかできないんだろう?
でも、似たような経験を、以前にしたことがある気がする・・・
ああ、あれは大学を卒業するときの、答辞だ。
あの時、わしはマイケル・ジャクソンのコスプレをして卒業式に臨んだのだが、
答辞を述べることになり、何を言おうか考えたのだけど、やっぱり
「教授の皆さん、私たちと一緒に、4歳も歳をとっていただき、ありがとうございました」
と言うしかなかった。

一人にとっては、2年間かもしれないけど、
例えば30人の集団が、一緒になって2年間を過ごした場合、
2×30で、60年分の歳月が流れたことになる・・・
わしはそう考えてしまう。

卒業式の前日、つまりおとといに、
お弁当のホットケーキを食べながらくしゃみをして、鼻の粘膜が「変な感じ」になってしまった私は、
卒業式の日は風邪気味で、
今日は5時間の昼寝を敢行した。
そして、自分が長州力になり、
女子プロレスラーの井上貴子に「試合を観に来てください」と言われ、観に行く約束をしたのだが、、
スケジュールの調整ミスで、行けなくなってしまい、
カレンダーを見ながら悩む夢を見たのだった。
[PR]
by syun__kan | 2009-03-20 19:03 | 日記 | Comments(0)
<< 広島ワークショップ旅行記 放置について >>