うさんくささとは何か

この間、ギターを購入した。
学校で使っているギターのネックが、折れてしまったから、
池袋の楽器屋さんで、一番安い9800円の青いアコースティックを購入。
帰りの山手線に乗り込もうとしたら、すれ違った降りる人の中に、ちょんまげの髪型の人がいた。
今のは何だったのだろう?と思いながら席に座ると、
となりに座っていた外人に話しかけられた。
「ハウ アー ユー?」
わしは反射的に、
「アイムファイン」と答える。
外人は、白髪交じりの、真ん中分けで、ブラックスーツの男性。
そこから、しばらくの間、片言の英語での会話が始まった。

外人は、ギターを指して「それは、マシンガン?」とジョーク。
わしは「そうだよ」と。
「それで、電車の中の人を片っ端から撃つの?」
「そのつもりです」
「じゃあ、はじめは私からどうぞ」
「ええと…」
「ところで、名前はなんですか?」
「光太郎です。あなたは、デヴィッド・ボウイですか?」
「デヴィッド??その名前は知らない。私はディック。あなたは何の仕事をしてるの?ミュージシャン?」
「いやいや、私はギターは超初心者です。
なにしろ、このギターは、今日手に入れたんだから。
私は、養護学校の教員なんだ。クラスで、子どもたちと一緒に歌うために、ギターを弾くんです」
「本当?私の娘も、ハンディキャップがあるんだ。
でもとてもスウィートだ」

そんな感じで、しばらく、何のための会話なのかわからない会話をしていると、
わしが降りる駅の駒込に着いた。
わしが「じゃあ、私は降ります」と言うと、
ディックも立ち上がり、荷台に乗せてあったかばんからパンフレットを取り出して、
「何かあったら電話してください」と言って、名刺と一緒にそれをくれた。

ディックは幸い、一緒に降りてこなかった。ああ、良かった。
パンフレットには、案の定、
宇宙だの、
神だの、
光だの、
平和だの、
イエスだの、
書いてあったとさ。
なーむー
[PR]
by syun__kan | 2009-05-25 12:32 | 日記 | Comments(0)
<< 金箔の肉片の記憶の断片 とくになし >>