ドゥー・ザ・マリオ

わしは、義務教育段階の頃、
一人でプロレスを見たり、家で折り紙をして過ごしていたので、
同世代の人たちが、その頃だいたいみんな洗礼を受けた、
メディア上の文化作品を、ことごとくスルーしてきた。

わしは、25歳の、いわゆる「キレる世代」と呼ばれた世代だけど、
「スーパーマリオ」も「ドラゴンクエスト」やったことないし、
「ドラゴンボール」も「スラムダンク」も「エヴァンゲリオン」も読んだことない。
長らくゲーム機を持っていなかったし、
マンガ雑誌もマンガの単行本も、買ったことない。
それでも、友達の家に行けば、友達はゲームをしていたし、
教室ではみんなそれらの作品の話をしていたから、
なんとなくの概要だけはつかめている。

例えば、ドラゴンボールは、ごくうが主人公で、
クリリンというスキンヘッドの友人がいて、
べジータは額が広い。
ピッコロは、緑色。(「おかあさんといっしょ」にも同姓同名のペンギンが出てきた)
セルはつよい。
ブルマ。ご飯。トランクス。が出てくる。
しかし、名前は知っているけど、彼らの相関関係まではわからない…

でもまあ、この歳になるまで、それらについて知識を持たないことで、
何か困ったことがあったかといえば、なかったし、
それらを知らなかったかわりに、わしはまた別の事象を頭にインプットしてきたわけだから、
まあいいや、と思っていたよ。

ところが。それらの作品は、いまだに強い影響力を持って、
この世に存在し続けているらしく。
今年度受け持ったクラスには、マリオが好きな生徒が複数人いる。

彼らと仲良くなりたいのだけど、そのきかっけになりそうなマリオについて、
わしが全く無知であるため、上手くいかない。

というわけで、わしはこの夏、マリオをやることにした。
でも、うちには任天堂のゲーム機など、ないのである。
わしがマリオをするには、0からの準備が必要なのであった。
なので、この間、中野ブロードウェイで、中古のスーパーファミコン(3990円だった)と、
「スーパーマリオコレクション」というソフトを買ってきた。
ドゥー・ザ・マリオ!!!
生まれて初めて、カセットを、スーパーファミコン本体に突っ込んだ。
しかし、テレビゲームの経験が非常に少ないわしの操るマリオは、死にまくる。
とりあえず、カロンは、一度踏んだだけでは死なず、また復活するということがわかった。
テレサは、顔をそっちにむけると、照れて止まってしまう。かわいい。
[PR]
by syun__kan | 2009-07-28 12:56 | 日記 | Comments(0)
<< 今夜はイート・イット たーまやー >>