今夜はイート・イット

ある夜、
その日は、わしの26歳の誕生日だった。
Hさんが、原宿の店に連れてってくれて、シュラスコというブラジルの料理をご馳走になった。
牛の体の、あらゆる部分を切り取った肉片を、長い長い串に刺したお店の人が、
フロアをうろうろしていて、
テーブルに来て「いりませんかー」と声をかけてくる。
「クッピンいかがですかー」
「ローストビーフいかがですかー」
「スペアリブいかがですかー」
ください、と言うと、肉片をナイフで切り取って分けてくれる。
食べ放題なので、際限なくやってくる。
それを受け入れ続けると、すぐに消化器官が飽和する。
酒池牛肉林、悪夢のようでもあり、少年時代の夢のようでもある。
最近は牛肉が高価なので、ほとんど食べていなかったが、
この日だけで、牛肉の味を思い出し、慣れ、そして飽きた。
もう、牛肉は、一年くらい食べなくていい、というくらい、満腹になったが、
翌日には思い出したくなって、また牛肉料理を食べてしまった。
要するに、とても美味く、嬉しい経験だったのだ。

またある夜、
仕事から帰ってきて、もう夜遅く、これからご飯炊いておかずをつくる元気もない。
かといって、最近外食がやや多かったので、今日はなるべく自炊したい。
こんな時は、そう、焼きそばだ・・・。
家にいくつか野菜はあったはず。麺だけ買って帰ろう・・・。
塩焼きそばにしたかったが、ソース焼きそばの袋しか売ってなかったので、
まあいいか、ということで、ソース焼きそばの袋を買って帰る。
家で具材を炒めようと思ったのだが、
メンツがほうれん草、もやし、しめじ、ベーコン・・・
この人たち、ごま油とソースで炒める、という感じじゃないな・・・バターと塩コショウのほうが、合うだろう。
ということで、わしはバターで具材を炒めはじめたのだった。
そう、これは、商品に付属している粉末ソースを使わず、自宅の調味料で塩焼きそばを作ろうという挑戦だ・・・。
何気なくはあるが、挑発的かつ野心的な挑戦だ。
もう後戻りはできない・・・「やっぱりやめた、粉末ソースを使ってソース焼きそばにしよう」ということは、もうできないのである。
なぜなら、わしはすでにバターで具を炒めている。
バターと粉末ソースは、どう考えても合わない。
もし、うまい具合に塩焼きそばができあがらなかったら、悲しい晩餐になる。
しかし何しろ、具材のメンツがほうれん草、もやし、しめじ、ベーコンだったのだ。
バターで炒めよう、という決断をわしが下したのは、ごく自然なことだ。
例えば店番しながら、BGMでジュディ・アンド・マリーを流しているとき、
村上春樹と田原俊彦とデーブ・スペクターがお客として入ってきたら、
わしはBGMをマイケル・ジャクソンに変える。
それと一緒だ。生活に臨機応変さは必要だ。
フライパンに麺を突っ込み、塩とコショウを振りかける。
味見をしてみるが・・・薄い!
このままだと、また「サムシング」ができてしまう。
ちゃんと「塩焼きそば」にしたいんだ、わしは。
そう思い、必死に塩とコショウを振りかけては、味見!
ちょうどよくなった。しかしあと一歩!何かが必要だ。麺どうしのすべりを良くする何か・・・。
そうだ、卵黄!
ということで、焼きそばを山状に盛り付け、わしはてっぺんに卵黄を乗せたのであった。
食べると、悪くなかった。ちゃんと塩焼きそばになっていた。
わしは、「塩焼きそばの袋が売ってなくて、ソース焼きそばの袋しかなくても、塩焼きそばをあきらめる必要なんてない」ということを、この日証明した。
何だか感動したから、もう一度書いておこう。

「塩焼きそばの袋が売ってなくて、ソース焼きそばの袋しかなくても、
君は塩焼きそばをあきらめる必要なんてない。夢だけは捨てないで」

夕食の後には、たまった洗い物を片付ける必要がある。
重なった茶碗の上から、水を注いで、
心の中で「シャンパンタワー」とつぶやいた。
[PR]
by syun__kan | 2009-08-04 18:19 | 日記 | Comments(2)
Commented by rabuko at 2009-08-04 19:00 x
ブラジルから日本(焼きそば)へお帰りなさい。26歳おめでとうございます。
私も塩焼きそばやりますよ。残ったソース焼きそば用の粉ソースはdoすれば良いか知っていますか?
シチュー肉を小さめにカットしたものを炒め
そこにタマネギ丸1個をザク切りにしたものを投入
中華だしの袋を1袋入れてある程度炒めた所で
粉末ソース投下

ソース牛丼
・・・になるらしい。私食べたことないけど。今度お宅にお邪魔するまでに試してぜひ感想を!!おいしかったら私もやります。シャンパンタワー。
Commented by syun__kan at 2009-08-04 20:26
粉末ソース、捨ててしもた…

というわけなので、
先にやってください。ソース牛丼。
<< 落ち込んだこと ドゥー・ザ・マリオ >>