がんばるキャベツ

一週間前に、職場でいただき物をした。
キャベツだ。
すごく大きい。5キロくらいある。んじゃないかと思うくらい。
家に持ち帰るのも、ひと苦労。
家に着いた。
置く場所がない。
乾燥機の上に置くと、ごろりと存在した。
存在感がある。
太陽のようだ。
天龍源一郎のようだ。
どう使い切ればいいんでぁ?
次の日、とりあえず味噌汁に入れた。
味噌汁にキャベツを入れる場合は、よーく煮るとうまい。
にしても、でかすぎて、そして硬くて、包丁が貫通しない!
存在感がある。
屈服しない。包丁に対しても。
「俺はなあ、キャベツだ。どすこーい」と言っている。
「じゃあ、牛角メニューのバリバリキャベツにしてやる」と、
バリバリキャベツも作る。
切り刻んで、洗って、塩振って、ごま油を垂らすだけだ。
しかしまだ、キャベツは75パーセント残っているのである。
翌日、翌々日、野菜炒めの形でお弁当に入れる。
一日目はごま油、二日目はバターで炒めた。
しかし、まだキャベツは65パーセント残っている。
切り口にラップをされて、乾燥機の上に在る。
変な感じに切り刻まれたことで、より存在感を増している。
切られたことで、キャラクターに凄みが出た。
「ああ?!俺はキャベツよん!」と言っている。
こうなったら、あれをやるしかない。
豚バラ肉との重ね蒸しだ。
鍋に、キャベツと豚バラ肉を順番に並べ、料理酒を入れて蒸し焼きに。
キャベツを大量消費できる調理方法だ。
ガッ
調理した。食べた。
キャベツは40パーセントになった。
さすがにかつての存在感はない。
はい、ここでポトフ!
キャベツ、25パーセントになって、今冷蔵庫の中にある。
そして今日、わしはこれから、みたび味噌汁を作ろうと思う。
キャベツに引導を渡す。
やつの引退試合だ。
お前には、男の生き様を見せてもらった。
最後までしなびなかった。
[PR]
by syun__kan | 2009-11-28 21:15 | 日記 | Comments(0)
<< 疲れて、タモリ アイラービニ >>