空からゾウ80頭

大学時代、彫刻を作っていて、よく思ったことがある。

「コンセプト張り巡らして、
美術史を精一杯かんがみて、
形どうしの響き合いを計算に入れて、
どんなに気を配って完璧な作品を作っても、
後ろのほうで、空からゾウが80頭降ってきて、地面に激突して血と肉片になって全部飛び散ったら、
誰も作品なんて見てくれない」

ということで、わしは最近作品なんかは作っていないけど、
作品を作っていようと、いまいと、
空からゾウが80頭降ってきても、揺るがない、人生を歩みたい。

…具体的にそれはどうゆう人生なのだ?
ちょっと今、風邪気味なので、あんまり深くは考えられない。
とにかく、胸張って生きたい。
そういうことでよかっただろうか。
[PR]
by syun__kan | 2009-12-13 21:11 | 日記 | Comments(0)
<< パスワード 疲れて、タモリ >>