ガンズ・アンド・ローゼスと私

18日に、生徒を送り帰して、無事2学期が終わった。
年末まで、まだ仕事はあるが、とりあえずの一安心だ。
ところで、この一週間は、風邪気味なのと、学期末の忙しさが重なり、
わしはかなり疲労してしまっていた。
頭が痛く、体がだるい。
なので、生徒を送り帰すと、わしは3時半に職場を早退した。
家で倒れる。
パソコンを見ると、
「ガンズ・アンド・ローゼスが、大阪の京セラドームでライブをやって、
夜遅くまでやりすぎて、みんな帰れなくなった」
というニュースがあった。
どうやら、19日には、東京ドームでライブするらしい。
よし、急だけど行こう。
せっかく2学期が終わったので、なにか自分へのご褒美が欲しい。
本当は、23日の後楽園ホールのプロレスの試合に行こうと思ってたのだけど、
給料日までチケット買うのを待ってたら、ソールドアウトになってしまったんだ。
なので、代替案として、ガンズ・アンド・ローゼスに行こう。
ところで、ガンズ・アンド・ローゼスとはなんぞや?
一曲も聴いたことない。
ただ、ひとつだけ知っていることがある。
「スラッシュがいた」
これは知ってる。
スラッシュは、大きな帽子を被って煙草をくわえたギタリストで、
マイケル・ジャクソンとよく共演していた。
なので知っている。
しかし、スラッシュは、もうとっくの昔に、ガンズ・アンド・ローゼスを脱退している、ということも知っている。
嫁に、「明日、ガンズ・アンド・ローゼスのライブに、一人で行ってくる」
と言ったら、
「スラッシュいないからね」と念を押された。
でもいいのだ。予備知識無しで観にいく出し物も、それはそれで面白いものだ。
ところで、19日になっても、わしの体調はすぐれず、
わしは夕方4時まで寝ていた。
何とか起きて、シャワー浴びて、着替える。
ガンズ・アンド・ローゼスは、ロックバンドなので、わしはすごく細いズボンを履く。
ロックは細いものだ。というイメージがある。
わしの家から、東京ドームは、電車でわりと近い。
後楽園駅を出ると、人々の群れに、ガンズ・アンド・ローゼスのライブに来た人の割合が濃くなる。
この雰囲気はいいものだ。
同じ趣向を持った人の群れに入っていくのは、不思議な心地よさがある。
…でもわしは、ガンズ・アンド・ローゼス知らない。
心地よいフリをする。
このモグリ感も、それはそれで気持ちいい。
当日券を買って、ドームの中に入って、
開始時間を40分過ぎたら、ミュージシャンが登場して、演奏を始めた。
インターネットの情報によれば、前座としてムックというバンドの演奏があるはずなので、
じゃあこの人たちが、ムックなのだろう。
それにしても、場内は総立ちで盛り上がっている。
前座から、この盛り上がりはすごいなあ、と思っていたら、
30分経っても、もっと経っても、ずっとこの人たちの演奏だった。
この人たちが、ガンズ・アンド・ローゼスだったようだ。
ヴォーカリストの、つんざく声!すごかった。
さすが、ドームでライブできるバンドは、モノが違う。
ただし、一曲も知らない。
観客との、歌の掛け合いの場面でも、歌詞わかんないから、
わしは、「にゃにゃにゃーにゃにゃにゃーにゃにゃーにゃー」と歌うしかなかった。
声援から、ヴォーカルはアクセル・ローズという名前だとわかった。
アクセル・ローズは、三時間半、歌い続けた。
いやー、おもしろかった。
[PR]
by syun__kan | 2009-12-20 00:22 | 日記 | Comments(3)
Commented by 読者 at 2009-12-20 10:59 x
(あ、「奥さん」が「嫁」になった…)
Commented by かんと at 2009-12-21 19:00 x
シャナナナナナナナナナナナニィーッ! ニィーッ!
って歌ってる曲だけ知ってる。
かっこいいよね。
Commented by syun__kan at 2009-12-22 00:07
シャナナナナナナナナナナナニィーッ! ニィーッ!
って何ーッ!?

でもそんな歌も歌っていた気もする。
<< アーティストなのけ? パスワード >>