何を見ている

バンクーバーオリンピックが行われているらしい。
もちろんうちにはテレビがないから、全然わからない。

選手は、人生を賭けて、一世一代の大勝負に挑んでいるのだろう。
テレビを見ている人たちは、その気分を共有しているのだろう。
選手はものすごいドキドキしているのだろう。
テレビで観戦している人は、ある程度ドキドキするのだろう。

わしは見てないから、ドキドキしない。
残念ではあるけど、安心でもある。

他人のドキドキを、何で共有しなければいけないんであ?
なんて言ってみよう。
いまさらだけど!

一世一代の大勝負なんて、みんなしているよね?
今日も一日、人生賭けて勝負したよね?
自分のドキドキだけで、じゅうぶんだよ。
今日、朝の電車に一緒に乗った、三白眼の白髪オールバックの会社員のおじさんも、
今日会社で、それなりに人生賭けたはずだ。
彼の、そのドキドキ感、わしは特には、共有したいと思わないぞよ。
わしは今日、学校で仕事した。
今日一日を、彫刻を作って過ごすこともできるし、
砂漠に木を植えて過ごすこともできる。
でもわしは、学校で仕事することを、チョイスした。
イエア。
死亡率100%の人生が、また一日、減ったんだ。
人生が懸かっている。
ああ、自分の言っていることが暑苦しい。

バンクーバー・オリンピックを見ないかわりに、わしは自分の右手中指の傷を見る。
先々週土曜に、怪我してしまった。
ある程度えぐれて、それなりに血が出た。
ばんそうこうを貼って対応した。
はじめの数日は痛かったが、
最近ようやく、肉が盛り上がってきて、
傷口がジューシーじゃなくなってきた。
傷の治りは遅いほうだが、
消毒して、待ってれば、ちゃんと治る。
わしの体も捨てたものではない。
[PR]
by syun__kan | 2010-02-24 22:27 | 日記 | Comments(2)
Commented by 読者 at 2010-02-27 11:45 x
>他人のドキドキを、何で共有しなければいけないんであ?

それを言ってしまったら、アートもドキドキしてはいけないことになってしまうのでは?色んな世界の色んな人が色んな分野で頑張っています。
共有しなければならない義務は無いと思いますが、アート以外の世界を『否定』してしまうのはいかがなものかと。他の世界も興味を持ってみれば意外と発見できることも多いはずです。
Commented by syun__kan at 2010-02-28 10:32
わしも、もちろん様々な分野に興味あります。
様々な分野から、おいしい果肉やエッセンスをもらって、育ちました。
ただ、日記を書いたときに、
「他人のドキドキを、何で共有しなければいけないんであ?」
と思ったのは事実で、
わしがそんなことを思った、ということが、おもしろかったので、
分析するために書いたのです。
何かを否定したり、批判したりする意図はありません。

何かメッセージが込められているとすれば、
それは劇的なものに自己投影して、ドキドキしてばかりいて、
肝心の自分のライフがドキドキの無いものになってしまうのは、
気をつけなければいけないな、ということです。

それは、基本的に自分自身に対して、自戒の意味で込めたメッセージですが、
読んだ人におすそわけになってもいいかな、とも思って書きました。

とはいえ、わしの日記に、こんなまじめな返信がいただけたのは、
はじめてです。
長い文章で、意見交換するのは好きではないのですが、
私の日記が意図したとおりに伝わらなかったときは、
説明する必要がありますね。
<< ケーキ屋さん デラックス・エディション >>