頭部の営み

連休も今日で終わりじゃ。と考え、
顎関節症であるアゴを、「カツン」と鳴らす。
わしは顎関節症であるが、重度ではない。
口が開かなくなったり、アゴの痛みが引かなかったりすることは、ない。
ただ、時々、アゴをあけるときに、「カツン!」という音がするだけ。
だから、べつに治そうとも思わない。
わしの知り合いは、顎関節症の人ばかりだ。
皆、アゴをコキコキ鳴らす。
奥さんも、たまにガクッと鳴らしている。
どれだけ一般的な病気なんだ。
わしのアゴが「カツン!」と鳴るときは、若干、精神が停滞したときに多い。
ふとしたとき、ぼんやりしたとき、
ちょっと考え込んだとき、
などに鳴る。
ので、むしろ趣がある。
顎関節症の音を描写に盛り込んだ作品とか、ないのだろうか?

光太郎はスーパーのビニール袋から傾いて落ちそうになるネギを気にしつつも、
遠い目をしてアゴをカツンと鳴らした。

みたいな。

おとといは、美術関係の打ち合わせで、奥さんと群馬に行った。
電車に2時間半揺られ、行き、
2時間半揺られて戻る。
長い…。
帰りの電車、奥さんに「鼻毛が出てる」と指摘される。
わしは「そんなものなど出ていない!」と一喝し、鼻毛を押し込める。
一ヶ月前に、大鼻毛抜き大会は済ませたはずだ。
なのにもう生えてくるのか。
招かざる毛。
さながら迷惑メール。
わしは、
「わしの鼻毛は、チンアナゴ方式で、
出たり入ったりするんだ。
今は、『まだ東京着かないのかな?ああ、まだ上尾かいな』って、
確認するために出てきたんだよ。
もう引っ込んだから、大丈夫だ」
と説明する。
[PR]
by syun__kan | 2010-05-05 20:42 | 日記 | Comments(2)
Commented by rabuko at 2010-05-06 18:22 x
私も連休のはじめに群馬に行きましたよ。
遠いね群馬。旅行にしては短く、通勤には長い。まさに帯にも襷にもならない長さ。さとかずさんもGWに群馬に帰っていたそうな。
GW.えほ研群馬率高し。
Commented by syun__kan at 2010-05-06 22:46
群馬で、何をしていたんだい?とかいって。
<< リハビリ 牧野薪木として >>