野菜の発達段階

そうなんですか、最近はミョウガを使って料理するんですか。
ミョウガを手なずけている自分が好き、みたいな感じですか?
すごいですね、わしはミョウガなんか使ったことありません。
ミョウガを使いこなせるようになったら料理の上級者ですね。
野菜にも発達段階がありますよね。
わしは自分で料理し始めた当初なんか、レタスでしたよ。
レタス、キュウリ、トマト。切るだけ、みたいな。
ニンジン、タマネギを取り入れられるようになるまでには、しばらくかかりましたね。
レタス、キュウリの段階から、ニンジン、タマネギの段階へは、一つ階段を上らなくてはなりませんよね。
その間をつなぐのが、キノコ類みたいな。
そうですね、マイタケは素晴らしいですよね。
全部食べられるし、手で切れるしね。
キノコ類って、洗っちゃいけないって言いますよね。
でも、シメジの根元って、汚くないですか?
いや、もちろん根元は切りますけど、上のほうまで名残が残るじゃないですか。
まあいいや。
ニンジン、タマネギの段階を経て、上級のミョウガの段階へと行くと。
ミョウガのさらに上の段階がある?それは何ですか?
ああ、確かに、スイカの皮を食べられるようになれば、それは最上級ですね。
スイカの皮を調理してこそマスターと。
あ、でもわしは、子どものころスイカの皮食べてましたよ。なんかもったいなくて。
プライベートでボリボリと。
最上級者と、初心者以前の人間が、同じものを食べていたという不思議ですね。

という話を、同僚の女の先生とした。
[PR]
by syun__kan | 2010-07-26 12:09 | 日記 | Comments(0)
<< 光るガムテープ アドレナリン >>