光るガムテープ

最近は制作している。
普段は学校で働いているので、
生徒たちや同僚の先生とコミュニケーションを取りまくっているが、
本来的には、わしは自分の世界に入るのが好きな性質を持っていると思う。
制作することは、完全に自分の世界に入ること…。
三宅氏のような、映画製作であれば、まだいろんな人とコミュニケーションを取る必要があるが、
わしの彫刻はなにぶん一人でできてしまうので、誰とも話す必要が無く、
今わしは存分に一人の世界に入っている。

一人の世界に入ることが好きなのに、多くの人とコミュニケーションを取ることが必要な職業に就いているのは、
自分の弱点を強化したい目的もあった。
実際、この仕事は非常に勉強になる。わしをビシビシ育ててくれている。
自宅から、職場へマイバディを引きずりだせば、同僚がいて、生徒が問答無用に登校してくる。
この強制コミュニケーションの環境において、わしはどれだけ多くのことを発見したか。
学んだか。
それこそが、この3年半の全てであり、財産である。

そして今…わしは久々に、ミクロの世界にこもる…
自分だけの世界に。
自分の独裁が行き届く、イッツアスモールワールドに。
そこには、学びや発見が無い、わけではない。
ミクロの世界にも、発見はある。
例えば…わしの作品を見た人から、よく
「何日分の新聞を使ったんですか?」と聞かれる。
わしはいつも「数えてないから、すみませんわかりません」と答える。
でもほんというと、新聞は、各社ごとにページ数が違う…
朝日と日経が多い。40面まである。
読売は38面。東京とか、産経はもっと全然少ない。
これが発見。ちっさ!発見ちっさ!
そしてもう一つ。
ガムテープは光る。
粘着面どうしを貼り合わせて、それを一気に引きはがすと、
はがれる部分が、仄明るく、青白く光る…。
学生時代、夜の彫刻棟にこもって制作してた時に、発見した。
なぜ光るのかは、分からない。
幻を見たわけではない。ほんとに光る。
発見した時は、一人で夜中にそんなことを発見していることが、
おかしくて少し怖かった覚えがあるよ。

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細通じゃ
芸術制作のの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
粘着テープが 光ります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ
[PR]
by syun__kan | 2010-07-28 10:03 | 日記 | Comments(4)
Commented by らぶこ at 2010-07-28 13:27 x
光るガムテープ。静電気とかじゃない?
真っ暗な部屋で静電気が起きやすいスカートを(奥さん持ってるかな)
アルミホイルのギザギザ面でなでると光るよ!とデンジロウさんが言ってたような・・・・・
静電気が起きやすい冬におススメの実験君。
Commented by at 2010-07-28 17:30 x
おーラブ子当たりー。

「はがそうとする力」と「くっつこうとする力」の摩擦の力によって静電気を帯び、それが元に戻る時に一気に放電して発光すると青白く光ることがあります。これを「ガムテープばりばり発光」
というらしい。
Commented by らぶこ at 2010-07-29 12:51 x
やったー当たりー!!

バリバリ発光・・・・・強そうっ!感電しそうなくらい力強いネーミングだね。
Commented by 関口 at 2010-07-29 14:30 x
種明かしをしおったな、このネット世代の若者め。
おまえたちには、とおりゃんせのメロディーが一時的に頭から離れなくなるソフト呪いをかけてやる。
えい。
<< 「動物」 野菜の発達段階 >>