顔が桃色のゴリラ

夜寝るとき、布団に入るのと同時に
「モモゴリ!」
と言ってしまった。
特に意味はない。一種の掛け声というか、うめき声である。
生活の中で、掛け声もしくはうめき声というのは、結構出ているものだ。
「ヨッコラセ」とか、
「ハアードッコイショ」
「チョイサー」
「ホイショッ」
「デイヤー!」
「トリャ!」
「モンモコモコモコ」
「ダッゴーネンベイベー」
など。
もしかしたらわしは、通常タイプの人間よりも、やや掛け声やうめき声が多めの傾向があるかもしれない。
それでこの日は、夜寝るとき、布団に入るのと同時に
「モモゴリ!」
と言ってしまったのである。
それが、奥さんの癇に障ったのである。
「普段大してしゃべらないくせに、へんな掛け声ばっかり言いおって!」
ということで。
なのでわしは、釈明する必要が出てくる。
「いやいや、モモゴリっていうのは、意味の無い言葉というわけではなくて、
顔が桃色のゴリラの名前なんだよ。
あるところに…」
と、物語を語り始める。
釈明のための物語り。

あるところに、モモゴリという名前のゴリラがいました。
一人で暮らしていました
顔が桃色でした。
毛は、こげ茶色でした。
顔の皮膚が桃色でした。
手も、桃色でした。
胸は、青でした。
おなかは、丸く毛が無くて、皮膚が出ていて、黄色でした。
両脇の下にも、毛が無いゾーンがあって、そこは緑色でした。

病気と言うわけではありません。
もっと、楽しい、ポジティヴな感じです。
その証拠に、本人も笑っています。
それに、背中にある、毛が無いゾーンは、ハートマークでした。
「ずっと親友」という形に、毛が抜けているところもあります。
とにかく、明るい印象のゴリラでした。

夜になると、毛が無いゾーンが光りました。
暗い中に、桃色のゴリラの顔や、黄色い丸や、ハートマークや、「ずっと親友」という文字が浮かび上がります。

モモゴリの毛は、季節で生え換わりました。
クリスマス頃には、ステッキの形に毛が抜けました。
夜になると、暗い中に、緑や赤のステッキが浮かび上がり、点滅ました。

お正月には、「2011」と毛が抜けました。
「賀正」という字も読み取れました。

モモゴリは、桃が好きでした。
桃が欲しくなると、桃の形に毛が抜け、桃色に光りました。
モモゴリは、木に登って、桃のマークを周囲にアピールしました。
バーミヤンの看板みたいでした。
桃のマークが光るのを見て、遠くの親戚が桃を送ってくれました。

さあ、こんなモモゴリが、
これから素晴らしい大冒険の旅に出ます。
どんな冒険だったかは、皆さんのご想像にお任せします。


…ただ、最後のページでは、モモゴリは、結婚しました。
子どもを連れています。
そして、モモゴリはもう光りませんでした。
毛も、抜けません。
ただ、背中の一か所、小さく毛が抜けているところがありました。
へーベルハウスのマークになっていました。
f0177496_849037.jpg

[PR]
by syun__kan | 2011-01-22 08:52 | 日記 | Comments(0)
<< 節分 美術の話 >>