ヤンセンとハンセン


科学未来館でのテオ・ヤンセン展を観てきた。
「生物の進化+未来」みたいなキュレーションは、
個人的には非常に違和感あったけど、
それを差し引いてお釣りがくるくらいに、ヤンセンのプロジェクトは怒涛のごとく美しかったよ。

風力で歩かすことを考えて、進化させた作品なんだって。
ああ、むかつくぜ。
美しくすることを考えて造形したわけではないものが、こんなにも美しいっていうのは、
美術家にとっては、困ったことなのではないかい?
美術家は、「美しいものを作ろう、どうすれば美しくなるだろう」みたいなことばかり考えている人だと、わしは思うから。
わしも、制作をしているときはそうだよ。

動物は美しいけど、「美しくなること」を考えて進化したわけではないからなあ。
効率よく生きるために、無駄な部分を淘汰して長所の伸ばした結果がああだから。

道具も美しいけど、あれも無駄が無いように進化させたからだよね。

美しくすることを考えないで、歩かすことを考えて、無駄を省き、動物的な、道具的な美しさを手に入れたヤンセンの作品は、

ああ、非常に困ったものとして、わしの中にあります、今。

立ち向かわなきゃ、現実と。

f0177496_21251560.jpg

ヤンセンもいいけど、ハンセンも好きです。
スタン・ハンセン。
必殺技「ウエスタン・ラリアット」を開発した、「ブレーキの壊れたダンプカー」の異名を持つ、最強外人レスラー。

わしは握手したことがある。
日本武道館で、2002年の4月に全日本プロレスの試合があったとき、
「新入学生、新入社員の人は、先着○名、スタン・ハンセンと試合前のリング上で握手&写真撮影できる!」
という企画があったんだ。
わしは大学に入ったばっかの新入学生だったから、「よし」と思って、
握手会の列に並んだんだ。

わしは長蛇の列の中腹にいたんだけど、
スタッフの人が、列を二つに分けたりなんだりしているうちに、
なぜかわしがトップバッターになって、
試合開始前の日本武道館のアリーナに案内された。
リング上には、私服+テンガロンハットのスタン・ハンセン。
わしはリングに上がらされたのだけど、スタッフがバタバタして、
わしはしばしの間、ハンセンとリング中央に二人っきりにされる!
ただでさえ人見知りする性格で悩んでいるのに、
「ブレーキの壊れたダンプカー」と二人っきりの時間を過ごさねばならぬとは!

ハンセンは前年に引退していたものの、でかくてとんでもない迫力があり、
わしの脳裏には、ハンセンがこれまで幾多のレスラーをウエスタン・ラリアットでなぎ倒してきたシーンが浮かび上がり、
わしは完全にちぢみあがった。

ちらっと視線を送ると、ハンセンと目が合う。わしはとっさに、

「アイム・ナーバス」

と言った。するとハンセンは、微笑んで

「ミートゥー」

と言ってくれたのだった。
[PR]
by syun__kan | 2011-02-13 21:47 | 日記 | Comments(2)
Commented by naco at 2011-02-17 00:55 x
その話覚えてる!
サンコンもでかいけど、ハンセンはもっとでかかったのね!
Commented by サンコン at 2011-02-17 20:52 x
でかかった。
開場前でまだ暗かったんだけど、
暗い中を天龍源一郎がランニングしてて、こっちを睨みながら通り過ぎたりした。
ナイトサファリみたいだったよ。
<< ハンバーガーあ 節分 >>