ハンバーガーについてササ些細なこと

ぐたぐたに疲れた帰り道、マクドナルドの店に「フィレオフィッシュ100円」の文字を見て、これはいい、マイアミバーガーもまだ食べてなかったし、今日の夕飯マックでいいやと思って、テイクアウトでマイアミバーガー2つとフィレオフィッシュ2つとポテトのLを注文して、千七百いくらかですと言われて、何か高いなと思いつつお金払って、家に帰ってあけてみたらフィレオフィッシュじゃなくてチキンフィレオ2つ入ってて、値段もその分取られてた、フィレオ違いじゃくそー。

こんなことを書くためにブログをやってるんじゃなあい、ララララー
こんなことを書くために生活してるんじゃなあい、ララララー
フィレオってなんだろう、ララララー

でもいい。記せば、この出来事が無駄にならずに済む。
怒りも悲しみも妬みも、音楽にしてしまえば全て美しいという考え方があるが、
文章にして人に見せてしまえば、美しくはないけど、少しはカワイイかもしれない。
そういう考え方で行きましょう。
この方向で、
この人生を。

どんな高級料理や、銀座の職人が握った寿司よりも、
マクドナルドの方が美味しく感じる瞬間ってあるだろう。
わしの生活は、薄給と、部屋で作る新聞紙製の謎の立体物で構成されているので、
どちらかというと、マクドナルドの方が美味しく感じる瞬間のような喜びを求めて生きていると言える。

なので、マクドナルドとは仲良くしないといけない。

そしてマイアミってどこだろう。
[PR]
by syun__kan | 2011-02-27 00:57 | 日記 | Comments(0)
<< 着て、着て、着まくって、そして... ハンバーガーあ >>