Sound and Vision

夕飯の、鮭の西京焼きを食べていたら、
ふと、外から音がする。

なんだ?
シャーと言うか、ジャーというか、パチパチというか。
パチパチパチパチパチ…が細かくなりすぎてジャーになり、
やがてシャーになるみたいな。
そういう音だ。

そこまで考え、わしの生活経験の中から、わしは「雨」という答えを引っ張り出した。
雨が降りはじめた。
奥さんも、「雨すごいね」と言っている。

昔から思っていたことがある。
雨の音と、
コロッケを揚げる音と、
コンサートホールで群衆が拍手している音は、ほぼ同じではないか。

試しに、目をつむり、耳を澄まして、
わしの住居の外で主婦が百人、同時にコロッケを揚げていることを想像してみよう。



揚げてる…

確かに揚げている。
こんがりだ。

雨の音と、コロッケを揚げる音は同じだ。

続いて、わしの住居の外で、千人の群衆が、
「関口。西京焼きの焼き加減が素晴らしい」
「ブラボー!」
「明日も頑張れ!」
と、拍手しているところを想像してみよう。



すごい数の人だ…

ありがとう。みんなありがとう。

[PR]
by syun__kan | 2011-06-05 21:22 | 日記 | Comments(0)
<< 読書 医者 >>