一度目のマイケル

わしはマイケル・ジャクソンに3回会ったことがある。
昨日は彼の命日であった。
なので、わしがマイケル・ジャクソンに会えた経験について書こう。
3度のうち、最初に会った経験について書こう。

2003年の夏だ。
その夏、わしは大学生であり、二十歳になった。
夏休み中の六畳一間で、一人で誕生日を迎えた。
日付が変わり、わしの誕生日である7月31日になった時計を見て、
「二十歳になったのに一人。咳をしても一人」
という寂しさから、わしは橋本の自宅から、東京タワーを目指して、歩き始めた。
わしはモンモンとすると、一人でエンエンと歩き始める癖があった。

分け入っても分け入っても夜の町、しかもつまんない夜の町。
夜が明け、昼になり、午後一時に東京タワーについた。
一応展望台に登って下界を見下ろした。ただの港区だった。
強烈な疲労と虚しさ!
着ていた赤いTシャツにはツキノワグマのような汗の塩分のしみができた。
わしは、ただの港区を見下ろして、

「国内をいくらほっつき歩いても何の発見も進歩も開眼もない!
わしは海外行ったことが無い。
わしはアメリカ行かなあかん!」

と思った。
折しも、ロサンゼルスで、マイケル・ジャクソンのファンクラブ主催による、彼の45歳のバースデーパーティーが行われ、本人も来場するという情報を、インターネットから得ていた。

彼の誕生日は8月30日。アメリカ行かなあかんと決めてから1カ月後。
そこまでの期間に、わしは初めて航空券を買い、パスポートを作り、海外公演のチケットを買い、母親のツテからホームステイさせてもらうあてを見つけた。

初めての海外であったアメリカは、カルチャーショックに溢れ、
特に乾いたロサンゼルスで飲んだソルティードッグの美味しさはよく覚えている。
これが本物のソルティードッグ。
明日、マイケルに会えるという夜、興奮したのかホームステイ先の部屋で鼻血が全く止まらなくなったこともよく覚えている。

バースデイパーティーの会場は、中規模の劇場のような場所で、マイケルのそっくりさんがたくさん出てきてパフォーマンスした。
途中から、バルコニー席にマイケル本人が現れた。
ステージ上のそっくりさんが、本物に向かって敬礼したのをよく覚えている。
ああ、あれが正真正銘、本物のマイケル・ジャクソン!
会場内は、まさに蜂の巣をつついたような騒ぎ!
誰も彼も力の限り「マイコー!!」と叫ぶ。
となりの黒人のおばさんも「オーマイゴッド!」と言っている。
これが本物のオーマイゴッド。

ああ、どんなに背伸びしたって、自我に目覚めたって、チャクラを開いたって、
この人の前では、みんなドングリのせーくらべ!!
決まり手は似たり寄ったりでマイケル山の勝ち!!
そう思えるくらいに信頼できる存在を前にして、みんなでキャーキャー言ってるときの気持ちよさよ。

わしとマイケルの距離は10メートルほど。
マイケルは複雑な白いシャツを着て、白い肌で潤んだ目で、
永作博美より可愛かった。
周りを、誰だか分からない子どもたちが数人囲んでいた。
ああ、あれが本物の、謎の子どもたち。
(これは、ネットに転がっていた、その日の写真↓)
f0177496_1222524.jpg


このときのアメリカ旅行は、マイケルに会えた収穫以上に、
わしにたくさんの刺激を与えてくれて、後々まで響く良い体験だったわけで、
こんな風にマイケルは、わしをいろんなところに連れて行ってくれたものさ。
場所的にも、文化的にも。

マイケルは非常に特別な人なので、彼の前では、わしは特別な言葉を述べる必要はないのである。
月並みでよい。
マイケル・ジャクソン、愛してるよ!
[PR]
by syun__kan | 2011-06-26 12:19 | 日記 | Comments(0)
<< 愛しのコマ 動物の食物に対する姿勢 >>