前橋で制作

f0177496_90334.jpg

8月2日、3日に地元の前橋でワークショップをやるため、前橋に来て、
当日手伝ってくれる学生さんを相手に打ち合わせ等をした。
実家に帰り、夜に少しだけアロエを作った。

・・・ああ、調子が出ない。
地元はそわそわする。頭が回らない。ちょっとでも深い事は考えられない。
だってすぐそばでは母上が洗い物しているし、父上がヒゲそって出勤していく。
三方を山に囲まれ、南の一方に開けてる関東平野はあまりに広く、東京へは2時間、2千円。
そんなこと書いてるうちに母上が洗濯物を洗濯機から取り出し、歯を磨く。
ドメスティックすぎて、気取っている場合ではない、実家。
全然孤独ではない。
「孤独は純度の高い自分」
という缶コーヒーの広告のコピーがあったが、確かにその通りなのだけど、
実家におけるわしには無理。
もし言ったら笑止千万。
ああ、母上が化粧水をパチパチ叩く。
ネコがニャー。
でも深い事考えられない環境は、
「夏休みの工作」的な制作には良いのかもしれない。
もうすぐ28歳になるし、孤独がどうのこうのって言うのもちょっとそろそろアレよね。
ので、数日ここで制作する。
[PR]
by syun__kan | 2011-07-28 09:29 | 日記 | Comments(0)
<< 夕立の前橋で制作 ファンキーな制作 >>