今年観賞した作品

貧乏暇なしを地で行っており、
物事の理解がゆっくりなため、
わしは芸術家を名乗っている割に、
日頃から観賞する作品の数は少ない。

それでもこの年の瀬になり、一年を振り返って見れば、
いくつかの印象的な作品との出会いがあるものだ。
今年印象的だった作品5つ!

1.「グッバイ艶」/南川泰三
f0177496_23105773.jpg

作者が、亡き妻との半生を描いたノンフィクションとのことで、
新聞広告を見て気になり、7月に西友の書店で購入。

後腐れの無い男女の関係を描いた作品ってある。
村上春樹とか。
読者には、そういう後腐れの無い男女の関係に憧れる、
若いアンチャンとかもいるのだろう。

しかしこの作品の主人公と「艶」は、徹底的に後腐れる!!
というか後腐れそのものが、この作品のメインストーリーだ。
「艶」はアルコール中毒で、散財がひどく、破滅的な人生を送り、
主人公はブン回され、それでも最後まで付き合い、きる。
病んだ彼女と付き合いながら浮気なんぞしおる、ノルウェイの森の主人公には、とうていできない生き方ではないか?
わしは断然、「グッバイ艶」に共感する。
人はみんな、オリジナルラブを貫けばいいという、勇気をもらったよ。

2.「ドロヘドロ 1~16」/林田球
f0177496_23163314.jpg

秋頃、奥さんに勧められて読んだ。ら、はまった。
作品中で、魔法使いは、修行すると悪魔になれるんだけど、
悪魔になりかけると、初期症状として
・突然の暴力的な行動
・歯に布着せぬ物言い
・高速の動き
・ポジティブ
・そしてクリエイティブ
という特徴が現れる。

そして悪魔は、歌った後に
「いつでも陽気に笑っていろ」
というメッセージを残したりする。
どんなときでも笑っているやつが、一番恐ろしいやつだ、という意味らしい。

突然の暴力的な行動は困るが、それ以外の面で、悪魔の考え方はけっこう自己啓発的である。
ドロヘドロを読んだ時期、わしは仕事でなかなかにストレスフルだったので、
「悪魔になろう!」と思い、
そのつもりで生活していた。
出だしほどではないが、現在でも、ちょっとその気分は残っている。

いつでも陽気に笑っていろ。

語感は軽いけど、確かにこれはなかなか凄いことで、それなりに腹の据わったことで、周りにとってはけっこう恐ろしいことであり、なかなかできないことだ。
でもこういう人って、たまーにいるよね。
わしもそうありたいのである。

3.「エチケット(パープルジャケット)」/岡村靖幸
f0177496_2325986.jpg

服役から復帰した40代半ばの歌手が、手始めに出したアルバム。
8月末に購入。

新曲ではなく、ベスト盤でもなく、「リアレンジアルバム」とのこと。
昔の曲を、もう一回演奏し直し、歌い直したんだって。

ようするに、ナスとかピーマンといった「食材」と使って天ぷらという「料理」を作ったのではなく、
冷蔵庫にあった天ぷらという「料理」を「材料」とし、新たに天ぷら煮のような「料理」に仕立て直した、という感じか。
新鮮味はないけど、味は染みてる。みたいな。

ピンクジャケットとパープルジャケットの2種類があり、
とにかくこの「パープル」は、面白すぎ!
9月から12月の4ヶ月間、通勤中に毎日聴いていた。

とにかく、いろんな、ものの作り方があるということを学んだよ。

4.「IMMORTAL デラックス・エディション」/マイケル・ジャクソン
f0177496_23324894.jpg

これとは別に、この間、Tシャツを買った。
新宿東口を出て、アルタの左、西口方面に向かう小さなガード下をくぐり、
すぐ右手にある、いかがわしいサングラス屋や、いかがわしいペット屋の並びにある、
いかがわしいTシャツ屋で買った。
ここでは、一年中、いかがわしい黒Tシャツを売っている。
ローリングストーンズのベロとか、WWEのプロレスラーとか。
そういうラインナップに、もれなくマイケルも、含まれてる。
そう、マイケルとは、こういう存在だった。
B級グルメだったのだ。亡くなるまでは。

亡くなってから、妙に一般的になってしまった。
韓流みたいに。世の中でちやほやされて。

それも悪くないけど、わしはいかがわしさのあるマイケルの方が好きだったな。
マイケル・ジャクソンを好きであることは、
小学生が雨の中、傘をさしながら、道で拾った小鳥を抱いて歩くときの、腕に感じる暖かみに似ていた。

この「IMMORTAL」は、マイケルが一般的になった後にいろいろ出たサムシングの中では、悪くない方だ。
マイケルの40年のキャリアを、2枚のCDに凝縮した感じで、
ただでさえ濃いめのマイケルワールドが、さらに特濃状態で、
聴き通すとかなり食い応えがある。
わしはタイトルを「胃もたれ」と読むことにした。

5.「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」
f0177496_23424728.jpg

知人がこのアニメを絶賛していたので、見たくなった。
といっても、うちにはテレビが無い。
どうすればいいんだ?ドラえも~ん!

すると、「なんだいのび太くん」とばかりに出てきてくれるのが、奥さん。
すぐに、ああだこうだして、見れるようにしてくれた。

面白かったのか、どうだったのか、
何しろジブリ以外のアニメなんて20年ぶりくらいに見るから、
比較対象が無くてよくわからないのだけど、
ポケモンとかうまい棒とか、わしらが小さいころに味わった文化が、
「こんなのあったよね~」と、共有して懐かしむようなものとして登場していて、印象的だった。
わしらの世代も、もう作品を通して昔を懐かしんで良くなったんだ、みたいな。
とにかく、「あの花」観賞は新鮮な体験だったよ。

来年も良い作品に出会えますように!ていうか作れますように!
[PR]
by syun__kan | 2011-12-24 23:48 | 日記 | Comments(2)
Commented by ラブ子 at 2011-12-26 11:24 x
「あの花」は秩父が舞台なんだぜ!
私も途中までテレビで見てたけど、いざ花火を打ち上げるもメンマまだいる。の、後を見ていない。結末が気になるなぁ。
Commented by syun__kan at 2011-12-26 20:40
最終回は、妙にめんまの動きがなめらかだぜ!
ボッシュート!地底人!
<< 絶賛制作中 今日はおっさん祭りです >>