ボンド戦争

わしは群馬県出身だが、
現在は埼玉と東京の県境に住み、東京の学校に勤務している。
個人的な見解だが、美術を志す者にとって、大規模な美術館等が密集している東京は、やはり日本の中で最も魅力的な環境だと思う。
ビバ東京。

とはいえ、東京都より群馬県のほうが優れている点も、もちろんある。
そのひとつが、ボンドの値段だ。
ボンドは、東京だと何でこんなに高いんだろうか!
ハンズ!
特に、詰め替え用の3キロの袋はひどい。群馬の倍近い値段が付いている。
東京に来てびっくりした。ボンドってもっと身近な存在だと思っていた。
小学校んときの友達のタケダに久々に会ったらスーツ着て常務になっていたみたいだ。
ボンドは、こんにゃく芋をこんにゃくに精製する過程で出る白い液体が原材料であり、
その液体は偏西風による乾いた北風にさらされた群馬県産のこんにゃく芋からしか採れない。
というわけでもないのに、この値段の差は何だろう。

東京の値段にすっかり慣れていたら、去年の夏休みに帰省し、ホームセンターに行った際、ボンドの値段に逆に感動した。
ヤスイ!!
タケダはやっぱりタケダだった!
おみやげとして詰め替え用3キロ袋を購入し、ホクホクと東京の学校に持ち帰った。

明日の美術の授業でボンドを使うので、
手で持って使える大きさのチューブボトルを、生徒の人数分、満タンにしなくてはならない。
買ったまま使わずにいた詰め替え袋を持ち出した。
しかしよく考えたら、どう詰め替えればいいんであ?
黄色いチューブボトルから、あのケムール人の様な、赤くて先が細った頭を取り外すことはできるが、
そうはいっても黄色いボトルの入り口も直径2センチ未満である。
詰め替え袋に小さな穴を開けてピューッと出してみた。
初めはうまくボトルに吸い込まれていったが、やっているうちに袋の穴が広がり、
しかも袋から出る際にまっすぐに出ず、ビュルンビュルンと左右に振れるので、
ボトルの入り口はすぐにデロンデロンになってしまった。
どうしようと考えたすえ、仕方なく、詰め替え袋を他のビニール袋に入れ、中でボンドを噴出させ、
ビニール袋に改めて小さな穴をあけ、ちょうどお菓子作りの生クリームのように絞り出してみた。
しかしまた穴は広がり、出てくるボンドはニョロンニョロンと振れ、
ボトルの入り口は再度ダルンダルンになった。
周囲には飛び散ったボンドが白く落ち、わしの服にも付き、
無視して作業を進めると各地で乾き始めた。
もう一枚ビニール袋を持ってきて、ビニール袋に包まれた状態の詰め替え袋を入れ、生クリーム作戦でやり直したが、
袋が3重になっている関係でうまくボンドが出ず、
袋の中の袋の中の袋の中、各層でボンドが溜まり、
ビニールとボンドによるミルフィーユ状になり、
一番外側のビニール袋が薄手で弱かった関係でそこかしこに穴があき、
いろんなところから紛争のようにボンドが湧き出し、
手がベットンベットンになり、
わしは夢の中で夢の中で夢を見ているような気分の悪さを覚え始めた。
そして自分の服の値段といつ頃買ったかに思いを馳せ、
暗礁に乗り上げた詰め替え作戦を中断した。

せっけん、手洗い、雑巾がけ。

その後、「空になった詰め替え用アラビックヤマトのりの大ボトルにいったん移し換えて改めて絞る作戦」で、事態はひとまずの解決を見た。
[PR]
by syun__kan | 2012-02-20 22:33 | 日記 | Comments(0)
<< 「感性ネジ」 せっかく生まれてきたからには >>