一言では言えない人

ヒーローズ展は終了しました。
展示は、美術大学時代を中心とした友人たちと久しぶりに会う機会にもなる。

「会計士」とか「コンピュータープログラマー」とか「花屋さん」とか「整備士」とか「建築士」とか「介護ヘルパー」とか、
世の中にはいろいろな仕事・肩書きがあって、
それらはたくさんあるようにも思えるけど、
進路選択をしなければいけなかった21歳前後の自分にとっては、あまりにも少なく感じ、

「この中から選んで、自分をどれかに当てはめなければならないのかー!」

と思って愕然としたものだ。
自分はどれにも当てはまらない気がして。

結局「教員」を選んだ。それは結果的にまったく正しい選択で、とても充実した毎日を送っているけれども、
封印したはずの作品制作も、生理的欲求に逆らえずに結局解禁し、
教員をメインに、傍らで細々と美術活動を並行させる生活になった。
では何を作っているかというと、「彫刻」というには素材が弱すぎて、何か違う気もして、だから「彫刻家」を名乗るのも気が引け、
普段からアート界にそれほどの興味も無いので「現代芸術家」や「アーティスト」も名前負けな感じがする。

結局自分を表すと、「教員の仕事の傍ら、新聞紙とガムテープを使った立体作品の制作も行う人」ということになるか。
要するに、自分の仕事・肩書きは、一言で言い表でないのである。

でも、一言で言えない人って素敵ではないか、とも思う。
わしと同じように「愕然と」したはずの、美大の友人たちも、久々に会うと、皆、自分の生理的な欲求と社会に自分を当てはめなければいけない事情の狭間で、
それぞれに「一言では言えない人」になっていた。

その、一言ではとてもとても言い表せないわしの友人の代表、三宅感くんが、ホームページを作られたとのこと!
http://kan-miyake.com/kan-miyake.com/menu.html
これはすごい。素晴らしい。
一言では言えない彼の魅力が、もちろん全部ではないけど、かなりのボリュームで、世の中に初めて?アピールされている。
絶対必見!!!
[PR]
by syun__kan | 2012-10-31 06:31 | 日記 | Comments(0)
<< 「ヒーロー」(大) 「ヒーローズ」はあと一週間で終了です >>