今年鑑賞した作品2012

今年印象に残ったを作品5つを、選ぼうと思ったけど、去年みたいにすぐ5つ思いつかない。
思えばアウトプットばかりの一年だった。

1.「真夜中のサイクリング」/岡村靖幸
f0177496_21213872.jpg

1月に太郎賞展、それに付随するギャラリートーク、中山ダイスケさんらとのトークショー、
日経新聞夕刊やビッグイシューの取材、公募ガイドの原稿。
ELTTOB TEP ISSEY MIYAKEのディスプレイの展示、
「テマヒマ展」のワークショップを2回。
夏には青山こどもの城でのワークショップ、「ヒーローズ」展に向けた制作。
NHKワールドや日本文教出版の取材もあり、
秋には「ヒーローズ」開幕、3週連続でワークショップ。
11月になったら楽になるかと思ったら、アンデルセン公園こども美術館での展示に向けた下見や、
「国立デザイン美術館をつくろう」のシンポジウムなんていうオマケ付き。

全てを、職場の仕事を優先させて空き時間にこなさなければならないのだから、
モットーである「ボン・ボンヤーリ」(良いボンヤリを)を実行する暇もなかったぜい。
この日記にも、ボンヤリしたことではなく真剣なことばかり書いていた気がする。

とはいえ、この羅列ははっきり言って自慢である。
宝くじで当てたわけではない。
わしはわしなりに苦しんできた。
アウトプットの場や手法を手に入れるため、それこそ生まれてこのかたストラグルしてきた。

「ドキドキするべきだぜ歴史上の史実の様に、
そう無難でずさんじゃせっかくの物語で、自ら脇役に志願してるようなもんじゃん、
知らない間に!」

という、岡村ちゃんの「真夜中のサイクリング」の歌詞に思いを寄せた一年だった。
仕事帰りの自転車で、頭と体をクールダウンさせたいときによく聴いていたものだ。


2.「ナ・バ・テア」/森博嗣
f0177496_21223691.jpg

これより先に書かれた「スカイ・クロラ」という小説もあるけど、ストーリーの時系列的にはこの「ナバ・テア」が先。
この「ナ・バ・テア」から、「ダウン・ツ・ヘヴン」「フリッタ・リンツ・ライフ」「クレイドゥ・ザ・スカイ」につながり、「スカイ・クロラ」に戻る感じ。
ややこしや。

とはいえ、どれを読んでも同じような感じ。
登場人物が、煙草を吸い、コーヒーを飲み、ビールを飲み、生とか死とかについて考える。

そう、
①煙草を頻繁に吸う
②コーヒーを頻繁に飲む
③ビールを頻繁に飲む
④生とか死について考える

この4点は、男性作家が書いた小説にけっこうな確率で出てくる。
4つ全部兼ね備えている小説だって、けっこうあるはずだ。
登場人物が、一度も煙草を吸わず、コーヒーを飲まず、ビールを飲まず、生とか死とかについて考えない、男性作家による小説を、
とりあえず今わしは思いつけない。
この4つのモチーフは、ものすごく文学的なサムシングなのだろうか。

そういうのが嫌いなわけではもちろんない。
「ナ・バ・テア」からのシリーズは、「煙草コーヒービール生と死系」の中にありながら、
思春期臭さや自己憐憫感とも無縁で、石けんの泡のように美しく、
気持ち良い読書時間を提供してくれた。感謝!!


3.「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ〔前編〕始まりの物語」
f0177496_21245745.jpg

奥さんはアニメ好き。
一方わしは、ドラゴンボールもスラムダンクもエヴァンゲリオンも観ずに、折り紙や工作ばっかやっていた、クールジャパンの風上にも置けない男。

しかし今年、奥さんに押し切られる形でまどかマギカについて徐々に知識を入れられ、
このスカートが変に短い文化圏に初めて足を突っ込むことに。
それで観たのがこの映画。

劇団イヌカレーという人がデザインした「魔女空間」という映像が、カオスで圧倒される。

しかし、クールジャパンの逆を行くような、手の痕跡を残しまくった立体作品を作るわしが、
こんなスカートの短い、髪の毛のカラフルな文化に感化されるわけにはいかない。

しかし、さやかちゃんという登場人物が失恋したりする姿に感情移入し、
映画館内のあちこちから聞こえるすすり泣きと共に、わしの目にも涙が。

いかん、こんな目のでかい文化に毒されるわけにはいかないのだ!
こんなの絶対おかしいよ。

しかし、観終わると、実に面白かった、という感想を抱く。
今頃日本のアニメーションの力を思い知るとは。
食わず嫌いであった。
あたしって、ほんとバカ。

いかんいかん!わしはクールジャパンの逆を行く表現で、この感動を乗り越えなくては!
がんばるぞ!

ティロ・フィナーレ!!


4.「高校美術」/日本文教出版
f0177496_21254876.jpg

教科書の取材を受ける過程で、今の高校美術の教科書をもらった。
「高校美術3」は、表紙は奈良良智で、紙質もつるつるした光沢、なんてオシャレなんだ。
中の内容も、良質な文化系雑誌のようで、すごく入って行きやすい。
取り上げられる作家も、手塚治虫、岡本太郎、テオ・ヤンセン、ミュエクなど、
実にキャッチー。
わしが高校生だったのってせいぜい10年ちょっと前なのだが、その頃と全然変わっていた。
子どもに美術の魅力を伝える上で、こうした工夫・改善は、実に必要なこと。
勇敢な変化だ。


5.「ライヴ・アット・ウェンブリー 7.16.1988」/マイケル・ジャクソン
f0177496_21271262.jpg

「88」という数字は、マイケルマニアのボーイズにとって、特別な意味を持つ。
これについて説明しないと、この作品は語れない。

マイケルは3回、ワールドツアーをしている。
それらは、たいていどこかの国のテレビで放送されたりしていて、
録画され、複製され、インターネット上にアップされ、
多くのファンにとってはおなじみの映像になっている。

しかし88年!88年のコンサートだけは!
出回っていないのである。
フル・ライブの映像が流出してないのである。

しかも、88年というのは、前年、後年の状況から推測し、
歌唱・ダンス・エンターテイメント性をもっともバランスよく兼ね備えていた時代、
ようするに全盛期とみなされている。
観れないからこそ幻想が湧くのかもしれないが。

マイケル・ジャクソンというフライドチキンの、皮も肉も食べ尽くし、
骨の髄を吸っている状態だったファンにとって、
88年のライブ映像というのは、唯一残された極上の霜降りの肉塊だった。

晩年、マイケルが借金で苦しんであちこちの国王の家に居候生活していた時など、
「88年のライブを映像作品にして発売すれば、借金なんてすぐ返せるのになー」
なんて、おせっかいにも考えていたものだ。

マイケルは完ぺき主義者なので、ある意味採算度外視で、
彼なりに納得の行った作品しか発売しないのは有名な話。
88年の映像が発売されないのは、映像のクオリティーなり本人のパフォーマンスなりが、
マイケル基準で「世に出せるレベルではない」と判断されているからかもしれない。
しかし夢見るボーイズは、いつの日か、88年の映像が見られることを期待し、
気長に待ち続けていたのである。

ところがマイケルが亡くなって急転直下、
次々発売される、完璧主義のマイケルが絶対発売しないであろう、
未完成の作品群。
完成に漕ぎつけなかったデモテープを、いまはやりのプロデューサーだか何だかがミックスして無理やり完成させた曲とか。
「それはマイケルの意思に反するのでは?」
と思いつつも、マイケルの声なら何であれ、聴きたいファンのメンタル。
の上に成り立つビジネス。

その極めつけが、この「ライブ・アット・ウェンブリー」!!
時まさに88年、ダイアナ妃も客席にいる中行われたライブ映像を、ビデオテープにしてマイケルが個人的に所有していたという、いわくつきの一品。
それを画像補正して商品化。

ついに虎の子88発売!!
後ろめたさと共に色めき立つボーイズ。
そして発売日と同時に観たものは…

画質粗い。カメラワーク野暮ったい。
多くのボーイズの胸に去来したのは、まずは落胆だろう。
88年の映像は、こんなクオリティーのしか残っていなかったのか…。
マイケルは、発売できるレベルの、88年の映像を、残していなかったのである。
同時にこれは、マイケルの音楽なり、映像なりが、世に出せるレベルのものがもうなくなったという証しでもあった。
マイケル、打ち止め!

しかし、粗くて野暮ったい画面の向こうの、マイケル・ジャクソンのパフォーマンスは、
確かに全盛期だった。
落胆しつつも、観ているうちに、彼の魅力にこちらも笑顔になってしまう。
これが高画質で気の効いたカメラワークだったならば…
と思わずにはいられない。

亡くなる前の数年、わしは、作品なんて出なくていい、ライブもしなくていい、近況が知れれば満足、というメンタルだった。
「88」なんて観れなくても、近況を知り続けたかったぜ、マイコー。

以上!
来年も、良い作品との出会いがありますように!
[PR]
by syun__kan | 2012-12-22 21:40 | 日記 | Comments(0)
<< わしと奥さんによるハネムーン前編 告知 >>