はちきれんばかりの不安

1月12日に遅ればせながら、初詣に行ってきた。
高尾山。
去年も初詣に訪れ、おみくじを引いたら大吉で、幸先良いなと思って大吉の紙を財布にしまって過ごしたら、
2012年は本当に良い年だった。
なので今年も高尾山で大吉を引いて、良い年にしようと思って山を登り、おみくじを引いたら、吉。
どうしても大吉が良いのでもう一度引いたら、末吉。
次は小吉。
次は吉。
そこまでやってあきらめた。
4回やっても大吉は出なかったのである。
そこで電話のベルが鳴る。
制作の依頼だ。
屋外に18日間設置する、5メートルくらいのオブジェを作って、3月19日に搬入してほしいとのこと。
時間がない!!
平日フルで働きづめているわしにとって、長期休みを挟まないこの期間での制作は、普通に考えて無理!!

「はい、やります」

さあ、言ってしまった。
あーあ。
でもそう言うしかないじゃないか。
こんな世の中で「作って良い」と言われてるんだから。
それから構想をああでもないこうでもないああでもないこうでもないと頭の中で。
平日の仕事も、この時期かなり忙しい。
金夜には半失神状態に。
それでもなんとかアイデアをまとめて、今日は依頼主と打ち合わせに行ってきた。
明日からまた仕事なので、制作に取り掛かれるのはまた一週間後。
しかしこうも忙しいと、さすがに心理的なプレッシャーは雪崩のよう。
寝ても覚めても永遠プレッシャーに心はぽんこつ状態のぱるるるる。
珍しくも家で暗くなったり、泣き顔になったり、イライラしたり。
奥さんに、

「これからまた、しばらく、忙しくなるけど、ごめんね」

と言うと、

「忙しくても良いけど、元気でいなさい」

と。

「わかった。じゃあ、レインボーのアフロを買っておいて。
家で常に被るから。
アフロ被ったら、暗くなってる場合じゃないでしょ」

「アフロを被りながら暗くなるんでしょ」

「黒人だって暗くなるときはあるさ。
…いや、そんなことはない、大丈夫だ!
明るく乗り切って見せる!
セルフ大吉を引くんだわしは!!」

ということで、はちきれんばかりの不安で幕を開けた今年。
吉と出るか凶と出るか。
見守ってください。
本物の大吉とはなんたるかを、高尾山に見せつけますから。
[PR]
by syun__kan | 2013-01-20 21:55 | 日記 | Comments(1)
Commented at 2013-01-23 12:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< アイス ムタとライガー >>