ワム ピキ ピキ

夢を見た。
音楽的な夢だ。
わしは小さい頃から、楽器を習ったとか、合唱隊にいたとか、友達とバンドを組んでたとか、
そういう経験は、全然ない。
音楽に対して、秀でたものは、何も持っていない。
しかし今朝の夢は音楽を創造する内容だった。
なので少しテンションが上がっている。

夢の中で、わしは部屋の掃除をしている。
奥さんと一緒に。
すると、一枚のCDが出てくる。
どうやら剛力彩芽さんのCD。

わしは現実世界において、10年くらいテレビを観ない生活をしているので、最近の芸能のことはほとんどわからないのだが、
今年度になって剛力彩芽さんのことが好きな知り合いができ、その人がよく剛力さんの話をするので、
わしもポスターなんかを見かけると「あ、剛力さんだ」と思うようになり、徐々に知識が身に付いていた。
ダンスが得意な所や、親しみやすい笑顔など、好感を持つようになっていた。
剛力さんはCDデビューをしていて、デビューシングルの歌詞は「友達じゃない」ということも知っていた。

なので夢の中でわしは、「それ、『友達じゃない』?」と聞いた。
しかしどうやら、そのCDは、『友達じゃない』じゃない。
見たことないタイトルが印刷されている。
ということは、これは剛力さんのセカンドシングルなのかもしれない。
そこで、CDプレーヤーに入れて聴いてみた。

しかし、流れてきた一曲目は、メロディーも歌詞も、全然面白みのない、残念な曲だった。
こんなので大丈夫なのか?剛力さん。と思う。
しかし、二曲目に流れてきたのは、非常に斬新で、世間を突き放すように先端的な、鬼気迫る素晴らしい作品だった。
メロディーも歌詞も、今までにないような感じだ。
タイトルは「ワム ピキ ピキ」だった。
そのCDはDVDを兼ねていたのか、同時にプロモーションビデオまで目の前に流れ出した。

薄いベージュの、砂の細かい砂浜で、白い衣装のバックダンサーをたくさん引き連れ、剛力さんが踊っている。
曲調はキラキラしたテクノっぽい感じで、マーチっぽいパーカッションも付いている。
歌が始まる、

「そんなんじゃ合格まだ遠いよー
5時間睡眠寝すぎだよー
メタルフレームのメガネして
天才に勝つ方法を考えろ

ワム ピキ ピキ  ワム ピキ ピキ
声の限り叫べば変な人
ワム ピキ ピキ  ワム ピキ ピキ
意味のないことにも意義はある」

画面が切り替わる。
そこは新宿御苑のような、緑の広場。
紫の藤の花で作られた電話ボックスくらいの小屋が三つあり、
引き続き白い衣装を着た、剛力さんと、主要なバックダンサー二人が、着物の女性に連れられて小屋に入る。
曲はそこで、ラップになり、芸能人の名前を連呼する。
まるでマドンナの「ヴォーグ」みたいだ。

「こいずみきょうこ おおはしきょせん
はしだすがこ ちいたけお
ばんどうえいじ もりわきけんじ
もりぐちひろこ もりたかちさと・・・・・」

それがしばらく続く。

画面は切り替わり、白い砂浜に戻る。
海の家のおばちゃんのような人が、座っている。
後ろに、海の家で働いているのだろうか、白いハーフパンツをはいて上半身裸のヤンキーっぽい兄さんたちが連なって座っている。
彼らは皆、こちらを見つめ歌っている。
曲は元のコーラスに戻る。

「そんなんじゃ優勝まだ遠いよー
災い転じて福となせー
ボールの下斜めに蹴り込めば
同点のフリーキックは曲がるのさー

ワム ピキ ピキ  ワム ピキ ピキ
鉄棒の上でバランスを片足で
ワム ピキ ピキ  ワム ピキ ピキ
飛び降りて回転してすくっと立ってこっち向け
レッツゴー!!」

画面が切り替わる。
白い砂浜に、白いキツネが半円を描き、円の外側を向くようにして並んでいる。
それぞれのキツネの前に、白い鮭が一匹ずつ、放射状に並んでいる。
彼らは皆、口がパクパクして歌っている。
次はサビだ、

「夢広げて シーツを投網して
西日で瞬間の影絵を描け
砂浜に舞い降りるシーツに飛び込んでくるまって寝る」

……以上だ。そのあたりで目が覚めた。
書いてみて、テンションがすっと、下がった。
おはよう。じゃあ、元の生活に戻ろう。
[PR]
by syun__kan | 2013-11-03 11:58 | 日記 | Comments(2)
Commented by ロールケーキ at 2013-11-04 11:18 x
ウフ イヒ イヒ(*^▽^*)
エヘ アハ アハ(#^_^#)
夢で共演オファー期待しつつ! 
Commented by 関口 at 2013-11-05 23:29 x
関口はもう現実に戻っております。
<< ナポリタンカツ ジャケット >>