分かれ道

ピテカントロプスの時代から、人類はずいぶん進歩した。
昔は獣を狩り、果物を採取してシンプルに暮らしていたものだ。
次々と道具を開発して、
手間という手間を省くような流れになった。
2014年、もう充分暮らしやすいと、大体の人は思っているはずだけど、
まだまだ進歩は止まらない。
例えば移動手段にしても、
昔は歩いたり走ったりするだけだったけど、
自転車を考え、鉄道や自動車、飛行機を考え、
遠いところにバンバン移動できるように。
前は走って獲物を追っかけていたけど、
今は仕事行くものみんな車。
歩いたり走ったりしなくなった。
でも、そういった進歩の結果、体をあんまり動かさなくなって、
運動不足。運動能力の低下。身体感覚の低下。
そして肥満。
そしたら今度は何するかっていうと、フィットネスクラブ。
ランニングマシンで、あえてその場走り。
ガラスばりの窓に向かって、汗を流してその走りする人の群れ。
お金を払って車を買い、運動不足になり、お金を払ってあえて走っている。

…と、上記のような文章があった場合、
その後にどう続けるか?

「ああ、人類はなんておろかなんだろう」

と続けることもできる。
けど他のアイデアとして、

「そんな人類って、ウフッ、なんかカワイイよね!」

と続けることもできる。

その辺が、人生をどのように味わうかの、分かれ道なのかもね。
ちなみにわしは、どっち派かというと…
うーん、日によるかな。
[PR]
by syun__kan | 2014-01-13 10:31 | 日記 | Comments(0)
<< 欲望に忠実 あの頃のお前はどこ行ったんだ >>