それる話

うちにはテレビがない。
一人暮らしの時から、かれこれ10年くらいテレビを観ない生活をしている。
ただ、子どもが生まれたので、今はないけど、
そのうちテレビを買おうかとも思っている。
そのことで奥さんと話す、

わし「今はテレビを観ない若者が増えてると言うし、
うちもテレビないし、
インターネットが発達して、テレビなんか古いみたいな風潮があるけど、
テレビをけなすことがスマートみたいな雰囲気あるけど、
でも、わしらも、テレビから学んだことってたくさんあると思うんだよ」

奥さん「そうね」

わし「例えば『フルハウス』からは、欧米の文化を学んだでしょ?」

奥さん「私はどちらかと言うと『アルフ』を観てたけど」

わし「『いきもの地球紀行』からは、自然の大切さを学んだでしょ?
柳生博さんが、『イヌワシが翼を広げて大空を舞います』とかナレーションして、
最後に森が伐採されている現状をチラッと映して、
『時のなーがれー、いつーでもー』ってエンディン曲が流れると、
身につまされる思いがしたでしょ?
すごい情操教育だと思うのよ」

奥さん「まあね」

わし「ヌーの大群がさ、川を渡りました。
さあ、このあと。
わかるでしょ?
ねえ。
はい、このあとどうなりますか?」

奥さん「ワニに食べられるね」

わし「そうよ!
絶対ワニが来るのよ。
小さい子どものヌーとかが、足をガッといかれて、食べられるのよ。
必ずそう。
そんな時でも、ヌーは、『ヌー』としか鳴かないのよ。
『ヌー、ヌー』って。
あの人たちは、いつも『ヌー』よ。
干ばつでのどが渇いても『ヌー』。
草を食べて『ヌー』。
ワニに食われても『ヌー』。
『ヌー、ヌー、ヌー』。
それで良いのか!お前たちは!
だいたい鳴き声が『ヌー』だから名前もヌーって、どうなのよ!
何とか言いなさいよ!」

奥さん「話それたね」
[PR]
by syun__kan | 2014-02-11 22:39 | 日記 | Comments(0)
<< 血まみれ ジーザス・クライスト・スーパー... >>