喘息神

1週間前の土曜日は寝込んだ。
高熱ではないが、発熱したのだ。
心身ともにやられていた。

日曜になると熱はすぐに下がったが、声が枯れた。
月曜から仕事に行くと、否応なしに一日しゃべり倒す。
さらにガラガラになっていく声。
加えて、こないだきんぴらごぼうを食べているときに噛んでしまった唇が口内炎になり、食事するのがおっくうに。

そして、あまり眠れない日が出てきた。
これはインソムニア、不眠症というやつか。
うまくいかない内容の夢を見続け、夜中に目覚めてぼやぼやしていると朝に。

歯を磨くと、歯茎が変な感じがした。痛いというか…。
歯周病というやつだろうか?

口内炎は、三つの小さなものが合体し、大きな一つになろうとしていた。

加えて虫歯が痛い。
わしは「歯並びだけは自信がある」と自認する美しい歯列の持ち主であるが、
ちょっと前に、歯が痛くなり、5年ぶりくらいに歯医者に行くハメになっている。
まだ治っていない。

声枯れは火曜あたりが最悪で、少しずつ回復した。
職場で朝歌う、「気球に乗ってどこまでも」も、
最後の「ららら~ららら~ららら~ら~ら~」が墜落寸前でバーナーの火が消えかかっていたが、
徐々に高度を上げた。
しかし夜中に、咳が出るようになる。

わしは小児喘息もちだった。
「中度」と呼ばれるレベルで、しょっちゅう咳が止まらなくなった。
肺に息がなくなるまで咳をし続けて顔の毛細血管が切れてくまになったりとか。
ほこりや煙、運動で息を切らしたりすると誘発された。

現在、夜中に咳が出るようになって、それを思い出した。

小学校卒業時までにほぼ治ってしまったので、現在は「そんなこともあったなあ」という感じだが、
病院で吸入したり、気分転換のため父が深夜に近所をドライブしてくれたことなどの風景は、覚えている。
物心付いた頃からそこにあるものだったので、順応していたというか、
あたりまえすぎてつらいと思ったことは全くない。

むしろ感謝しかない。
幼い頃から咳をしまくったおかげで、わしの腹筋はバキバキに割れたのである。
腹筋運動とか全然してないのにシックスパックだ。
多少衰えたが、今でも割れている。

それに、多少の不条理に対し、なんとも思わない耐性が付いた。
喘息もちだとしょっちゅう病院行かなきゃならないし、花火持っちゃダメだとか、制約も多い。
遊び中だろうと深夜だろと、強制腹筋集中筋トレにさらされる。
そういうのに慣れることで、強くなった。

これは小林よしのりさんが漫画で描いていた理屈と同じだ。
小児喘息を患っていた者には、喘息の守り神が付くのだ。

現在のわしも、夜中に咳が止まらなくなるにつれ、ついに腹筋が筋肉痛になった。
これでわしはようやく勢いづいた。
大丈夫、わしには喘息の守り神が付いている。
これくらいのことでへこたれていては、守り神に対して、小児喘息にかかっていた幼少期のわしに対して、失礼である。

週末には声もだいぶ回復し、歯茎の変な感じもなくなった。
なぜか突然訪れた停滞期も、これで終わりだ。あとは上がるだけである。

そしたら不意にずきーんと頭痛がしてきた。
[PR]
by syun__kan | 2014-04-27 03:04 | 日記 | Comments(0)
<< 鶏胸肉につらく当たる ハッピーバースデー >>