ヒア・カムズ・ザ・サムシング


家でボリさんを腹の上に乗せて、ごろごろしていた。
今日でボリさんはめでたく生後5ヶ月を迎え。
奥さんはパソコン内の写真を整理していた。

奥さんのパソコン内には、今まで撮りためた膨大な量のボリさんの写真から、
ベストショットを選んだフォルダがあるとのこと。
わしはそれを、スライドショーで見ようと提案した。

どうせならBGMもつけようと、ビートルズのヒア・カムズ・ザ・サンをリクエストする。
この歌は、ボリさんが生まれた日に頭に浮かんでわしが口ずさんでいた思い出の歌だ。
パソコンで流しながら、家族3人でごろっとしながら見る。

最初は生まれて取り上げられて泣いているボリさん。
産着にくるまれているボリさん。
今とは全然違う。
すごく小さいし、時々しか目を開けなかった。
目を開けているときは開眼タイムと呼んだものだ。
いつの間に、いつの間にこんなに大きくなった。
退院して家に運び込まれたボリさん。
おくるみに入れて抱っこし、
起こさないようそのまま置いておくるみ入りのまま寝かしたものだ。
奥さんとボリさんが並んで寝ている。
ふたりとも片腕を上げて同じ体勢だ。
最初の一ヶ月は、わしは冬休みを挟み込みながら育休を取り、とにかく何とかした。
かけがえのない日々だ。
一日10回以上、排便し、奥さんとわしはオムツを取り替えたものだ。
今では大便は一日一回だけ、場合によっては二日くらい溜め込んだりする。
クリスマスにチーズフォンデュをして祝った。
一ヶ月経ってお宮参りした。
大雪が降ったあと、雪景色の中散歩した。
画面の中でだんだん大きくなり、現在の大きさに近づくボリ。
100日経って、おくい初めした。
鯛のおかしらとのツーショット。
この辺りで、新生児用のオムツから、Sサイズに移行したんだったっけか。
現在のボリさんなど、もうMサイズを使用している。
早いものだ。
初めは母乳を吸う口の動きしかできなかったのに、できることがだんだん増える。
反射で掴むのではなく、掴みたいものを掴むようになった。
目で見て対象を追うようになった。
いつできるようになったんだっけ?
忘れている。
たかだか5ヶ月なのだが、その記憶を辿るだけでなんだか泣けてくる。

その辺で、ヒア・カムズ・ザ・サンは一曲終わった。
PCというものは意のままに操られるべきもので可能な限りの機能を人類に提供すべきと考えている奥さんは、
曲をリピート再生させるために、設定を変えようと、パソコンをいじり、スライドショーをいったん止めた。

わしは待つ、
そこで一抹の効果音があった。
文字に表すなら「ドドドドド」という感じ。
同時にわしはボリさんを抱く手に、何か新たな感触を得た。
わしは、

「これはヒア・カムズ・ザ・サムシングだな」

と口にした。
二日ぶりのだ。
前からも溢れている。Mサイズの。
ものすごい。これはすごい。
XLと言ってよい。
体の下半分がサムシングになってしまった。
中止だスライドショーは。
[PR]
by syun__kan | 2014-05-11 22:19 | 日記 | Comments(0)
<< サブ自分 しかしの多いオフ >>