短パン

ある決意を固めて帰り道、西友に寄った。
ジャージの短パンを買うのだ。もう長ズボンは暑い。

わしの職場は、ジャージがワークウェア。
夏はTシャツにジャージのズボン。

職場には体育系の人も多く、その方たちは、ジャージの着こなしにも年季が入っている。
良いジャージを着ている。
Nikeとかadidasとか、よく知らないけど、ロゴが入っていて、
デザインもかっこいい。
さりげなく個性を演出していらっしゃる。

わしは美術系なので、そういったジャージワールドの住人ではなかったのだけど、
この職場で働くにつれ、影響され、
pumaとか、そういったロゴマークの価値が分かるようになった。

いいよね、なんだか。
なんでだかはわからないけど、ロゴってさ。いいよね。
何のロゴマークも入っていないジャージに比べて、高価だけど、
その分オシャレだし、たぶん品質もいいはず。

しかしわしは、ボリさんが生まれてパパになり、奥さんは家庭に入り、
以前より計画的な経済政策の求められる状況になった。
わしの稼ぎなど、油断するとすーぐ無くなる。
慎重に、慎重に使う必要がある。
だからわしが今日固めている決意の内容は、そう…

ノーブランドの短パンを買うということ。

西友の紳士衣料のフロアに着いた。
ここはかなりの大型店舗で、ジャージの品揃えも豊富。
Nike、adidas、puma、mizuno、kaepa、ブランドが目白押し、
各社短パン百花繚乱。
まだ初夏なので、値下げも10パーセント止まり。
さあいらっしゃいいらっしゃい!!
短パンだよ短パン!!

…一応目を通すわし。
pumaに噛み付かれ、Nikeのカーブに引っ掛けられ、kaepaの背中合わせに体育座りしている人にひそひそされ、
ブランドマークに幻惑される。
やっぱりかっこいいですね、ブランド物…

しかし断ち切って、その奥にある、西友自社開発商品のコーナーに!
そこには980円の短パンたちがペラペラペラ~ン!と連続してハンガーに吊り下げられている。
うむ、地味だ。
黒や灰色、サイドに安直なラインが入っている。
ロゴマークなど、無論入っていない。
いいんだ、これで。
これを買いに来た。

…まてよ…

毎日履くものなんだから、良いものがいいんじゃないか…
ロゴマーク入ったズボン履けば、毎日気持ちよく過ごせるんじゃないか…

いやいや、そんな議論、もう済ませてきただろう。
それが一つの正論であることは良く知っている。
しかしだ、ロゴマーク一つにお金をかけている場合ではないんだ。

いや、ロゴマークだけではなく、品質だってブランド物の方が良いのでは?
現に、西友自社開発商品のジャージの生地を目の前にかざしてごらん?
透けるだろう?
Adidasの生地は透けないぜ?
それに関口、君は日本のデザインミュージアム実現に向けてのシンポジウムとか出てたよね?
デザインの重要性について語っていた人が、ノーブランドのジャージ履いてていいの…?

いや…

いいんだ。
家計を考えて節約するお父さんって素敵だろう?
ロゴマークなんかに頼らず、オリジナルの生き方を貫いて自分自身がブランドとなれ!

ということで、わしは無事、というか見事、ノーブランドの短パンを手に入れた。
また一つ、父になった。
はずだ。
[PR]
by syun__kan | 2014-06-16 22:33 | 日記 | Comments(0)
<< 踏切7時半 ボリさんも人間に >>