日本文教出版社 高校美術3

ひばりが丘の、いつも「少し古いJポップ」をBGMで流している、
1000円出せばとにかく肉がおなかいっぱい食べられるステーキ屋さんで肉を食べていたら、

「イエーイエー、教科書にない、僕らだけの歌―」

という歌詞が聴こえてきた。

ふむ、「教科書」という言葉は、良い意味で使われる場合と、良くない意味で使われる場合があるな、
と、肉を噛みながら思う。

スポーツで「教科書どおりの動き」とか言えば、
優秀なプレー!というニュアンスが強いけど、
今流れているこの歌においては、「僕らだけの歌」が素晴らしいものなのであって、
「教科書にある歌」は、ありきたりで大人たちから強制的に押し着せられるものであると。
そういう悪いニュアンスが「教科書」という言葉に込められているな。
と、わしは肉を噛む。

わしはというと…
教科書、大好きです。
教科書、素晴らしいと思う。
教科書にある歌も、絵も、公式も、文献も、基本的に素晴らしいと思うよ。
と、わしは肉を噛む。

だって、教科書に載るレベルのものを作った人ってさ、
若い頃は、教科書的なもの、スタンダードなものに反発したんだと思う。
これまでの常識に反発し、
わが道を行き、
自分のスタイルを作り上げ、
気づいたらそれが新たなスタンダードになっていて、
結果的に教科書に載る。
ビートルズしかり、岡本太郎しかり。
それって、最高にかっこいいことだと思うよ。
と、わしは肉を噛む。まだ噛んでいる。
硬いんだ。仕方ない。1000円で200グラム食べられるんだから、文句は言えない。

そしてわしは、平成27年度から発行される教科書、
日本文教出版社「高校美術3」において、2ページにわたり掲載されるのであった。
高校の美術で「3」まで履修する人はそんなに多くないだろから、部数はそれほど多くないと思うけど。
あと、小学生向けの図工の教科書にも、作品写真が小さく1枚、載る予定。

正直、美術と教育の二股をかける者として、こんなに喜ばしく、誇らしいことはない。
わしも、噛めば噛むほど味が出ると良いなと思う。
f0177496_236480.jpg

[PR]
by syun__kan | 2014-07-14 23:07 | 日記 | Comments(0)
<< 格言おじさん 関口光太郎プロフィール >>