オリパラの発表

f0177496_22514514.jpg

これは骨組み。

f0177496_22523933.jpg

足元でワークショップを行う。
新聞紙を丸め、ガムテープで巻き、
世界の文化を象徴するモチーフを作る。
建物、自然、人物…

いつもと違って、世界の新聞を使う。
世界の新聞を見たことあるかい?
想像つくのは、英字新聞くらいかもしれないが、いやいや、そんなもんじゃない。
アジア、ヨーロッパ、アフリカ、
いろんな国の新聞をもらったことがあるのだけど、ものすごく面白い。
見たこともない文字が躍る紙面・・・これが、想像以上に面白いんだ!
規制の具合が違うのか、血みどろの画像がそのまま載ってたりも。
情勢が不安定な国なんかは特に…
それらを見て、いろいろな国に思いを馳せ、
祈りを込めながら、揉むんだ。
そしてテープで巻く。
できたモチーフは、わしが骨組みに構成していく。

f0177496_22442892.jpg

全国の特別支援学校をまわり、ワークショップして制作したメダル。
そのリボンを延長し、人物像にかける。
この作品は、オリパラのシンボルとなる。
大会終了時には、イベント的に焼却しても良い。

f0177496_22511048.jpg

作品が、太陽の塔のように、メディアに取り上げられ続ける「名作」となれば、
参加した方は、「これは自分が作った」と実感し、
生涯を支える自信となるかもしれない。
これがレガシー。

この間の22日、文化庁における4回目の会議で、
自分の案を発表してきた。
前回の日記を下地にして、
パワーポイントは先週金曜の終業後、パソコンをいじったりイラストを描いたりして5、6時間くらいで作った。
下村文科大臣、青柳文化庁長官、
ヤノベケンジさんや蜷川実花さんや皆川明さんなどの世界レベルのクリエイター、
まさに錚々たる面々の時間を10分頂戴して、自分の意見を一方的に聞いていただく機会を得られたのだから、
それはわしの人生における一定の成果なのかもしれない。

各委員発表後の討議では、
アーティストたちはそんなに余裕のある生活をしている訳ではないから、
何かしらの助け舟を出さないと、
オリンピック期間になっても何もせず終わってしまうだろう、
文化庁なり文科省なりが良い案を選び、育てる視点を持つべき、
みたいな意見も述べた。
反省点はあるが、言うべきことは言った、という、満足感はある。
やりきった。
発表には一応わしの本音と魂は込めた。
これにて会議はいったん一区切り。

その日は、別に普通に思えていたのだが、実は静かに高揚していたのか、
自分がどんな感情を抱いているのか自分でわからなかった。
翌日になって去来した想いは、これは何だろう。
これは…一種の虚しさか?
各委員が出した意見はいったん文化庁預かりとなり、
あとは個人的に話が来て、進む話は進むし、進まない話は進まない。
という運びなのだと思う。
わしの案が、何らかの形になるのかは、不明だ。
何にもならないのかもしれない。

「この発表が、あなたの人生の一定の成果でしたね。では、お疲れ様でした。終わりですよ」
ではだめなのだ。始まりでなければならぬ。

変な言い方をすれば、この案にはわしの人生もかかっている。
障害児をオリパラに参加させることへの想いも当然かかっているが、
わしの存在も同時にかかっているということだ。
わしは世界的アーティストでも日本を代表するアーティストでも何でもないし、
この機会に何かできるかどうかは、非常に大きい。
ハートブレイクに終わる可能性だってあるのだ。

しかし他に、誰がやるのか?
誰が障害児をオリンピック・パラリンピックに参加させるのか?
わしにはわしにしかできない使命があると信じ、何かがあることを祈る。
[PR]
by syun__kan | 2015-04-24 23:18 | 日記 | Comments(0)
<< トラベリング オリパラへのブレスト >>