コマへ

元気?
いや、元気だよな。
よく知っている。
最近寒くなってきた。
布団の下に入ろうか、上に乗ろうかで悩むよな。
今日は折り入って、君に伝えたいことがあります。
ていうか、いつも同じ空間にいるのに、こうしてあらたまるのも、若干の違和感はある。
しかしながら…これだけは、どうしても言っておかなければならない。

今日、お前、お母さんに踏まれてただろ。
ドアの敷居の上に寝ていて、
そこを通ろうとしたお母さんが、お前に気づかずに、ムニョって。
でもお前は、特に反応しなかった。
甘んじて踏まれていたじゃないか。
そういう状態が、世間でどういわれているか知ってるのか。
「ねこふんじゃった」っていうんだぞ。
童謡にもなってる。
「ねこふんじゃった、ねこふんじゃった」って。
幼稚園とかで歌われてるんだぞ。

それからお前、今日、1歳9か月のボリさんが、散歩の帰りにねこじゃらしを摘んできたよな。
家の中まで持ち込んで、床に捨てた。
おれは、その葉っぱと茎を食べた。
犬らしくな。
自然物なら何でも食べてこそ犬。
おれはそう思っている。
でもお前は…
穂の部分にパンチして遊んでただろ!
ねこじゃらしにじゃらされてるじゃないか!
それだけは、やっちゃだめだろう、ねことして。
ねこじゃらしに、じゃれるとか。
どう考えても。

お前はいつから…
いつからそんなに日和ったんだ?

そう、お前はそんなねこじゃなかった。
お前がこの家に来た時のことを、覚えてるよ。
というか、おれの散歩中に、お前は拾われたんだ。
まだ子猫だったよな。
道で腰を抜かしてたんだ。
それをお母さんが、おれの散歩エチケット袋に入れて持ち帰ったんだ。

しかしお前は、全くの人間嫌いだった。
押入れの隙間に入って、ほとんど出てこなかったよな。
人間になんか触らせない。
姿も見せない。
でも餌だけはいただく。
おれはこの家の先住四足哺乳類だったから、新規参入は気に食わなかったけど、
お前がそういう、ハードボイルドなスタンスを取ったから、まあ許してやったんだ。

お前は、すくすく成長して、
獣医に「骨格が鉄筋コンクリート」と言われるようになり、
おれよりでかくなった頃、人間の前にも姿を見せるようになった。
よく一緒に、レスリングしたよな。
おれはグレコローマンで、おまえはフリースタイルだった。

でも、人間に対しては、観賞用にとどまったよな。
この家に来てかれこれ4年経ったけど、やっぱり人間には触らせない。
人間が触ろうとすると、すっと逃げちゃう。
お母さんも、お父さんも、「いずれ抱きたい」なんて夢は、とっくにあきらめたはずさ。
お前は気高い野良猫。
現在たまたま関口家を通りすがっている野良猫。
だったはずだろ?
どうなんだ。

おれは短毛種だ。
おまえが敷居を下げちゃったら、やつらはおまえのフワフワに夢中になるだろう。

今一度、考え直してほしい。
おまえの、誇り高き野生の肉球は、素敵だったぜ。
悪いことは言わない。
元のハードボイルドに戻れ。
ハンフリー・ボニャードになれ。

おれが言いたいのはそれだけだよ。
犬は口が長く、ねこは口が短い。
犬ワンワンワン、ねこにゃんにゃんにゃん、カエルもアヒルもガーガーガー。
おやすみ。

ハルより
f0177496_0413114.jpg

[PR]
by syun__kan | 2015-09-21 00:46 | 日記 | Comments(0)
<< アイデアイデヨ 日記を書いた >>