アイデアイデヨ

もういい加減、リミットである。
わしは床を見つめて思う。
都内某所、地下のスタジオに通って三日目。
今日、何か良いアイデアを思いつかないと、アウトだ。

一日目は、このような素晴らしく集中できる環境で、制作できることへの喜びと興奮が勝っていた。
お家でも、もちろんある程度は制作できる。
しかし、ボリさんが泣けばそれに対応しなければならないし、
ご不浄があればおむつを替えなければならず、
犬がぬいぐるみを噛めばそれに対応し、
例えそういった事象が起こらなくても、「いつか起こるかもしれない」という状況に置かれているだけで、
集中というものはなかなか生まれない。
まあ、家庭人として当然の務めではあるが、
しかしながらリミットは迫っていた。
なので、シルバーウィークのうち三日間、わしは依頼主の社内のスタジオをお借りし、
制作に没頭することを申し出て、
家族、依頼主双方に了承を得ていた。

一日目は11時半ごろスタジオ入りして、まず踊った。
その場に身を馴染ませるために、わしは踊る、昔からそのようにしている。
踊ると息が上がり、気分が高揚し、
オムツやドッグフードを頭から排除できる。
思いつくアイデアも活気のあるものになる。
特に最近は、わしの芸術的機能は低下していたと言えるので、
しっかり踊らねばならぬ。

そして、アイデアがすべて決まらなくても、
とりあえず作ることは確定している部分を、作り始めた。
それは男性の裸体であった。
そのために、来る途中に世界堂に寄り、美術解剖学の本を買ったのだ。

結局一日目は、5時間半、集中して体を作り、帰宅。

夜には、作品と同じポーズをして、奥さんにたくさん写真を撮ってもらい、プリントアウトした。
美術解剖学の本に載っているポーズも参考にはなるが、
男性の裸体を作っているのだから、
自分でそのポーズをして撮ってしまうのが、最も効率的だ。

二日目も、男の人物像を作り進める。
人体、これは古今東西、もっともベーシックな美術のモチーフである。
作っていてこんなに面白いものはないので、自然とのめりこむ。
わしは、デッサン力は、立体も平面も、こう言っては何だが、まあまあ、ある。
多摩美でちゃんとやったし、もっと遡れば予備校の高美で、柳健司の指導を受けている。
基礎がしっかりしていることは、わしの強みであろう。
新聞紙とガムテープで作る人は珍しいと思うが。

しかしながら、久々に集中して作ったため、夕方、
左手首が、腱鞘炎と言うのか?痛くなり、筋肉が少し腫れた。
くそう、昔は一日12時間制作してもなんともなかったのに。
そして、楽しんで裸体を作っているのは良いが、
肝心のアイデアの全体像が、決まっていないことに気付く。
やばい…
深く悩みながら、電車を乗り継ぎ、帰宅。

からの、三日目である。
左手首には、冷却剤を包帯で巻いている。
今日が秋季集中制作期間の最終日だ。
アイデア、が、決まらない。
踊っても、何も出ない。

今回の依頼は、尊敬なんて言葉では足りないくらい、畏怖と言っても良い、
そういうクリエイターの展示に、
一部参加協力するもの。
半端ないプレッシャー、
そして、展示に自然に溶け込みつつ印象を残さねばならない、というこの仕事は、
芸術というよりデザインである。
爆発させれば良いってもんではない。
様々な条件を勘案し、答えを導き出す必要がある。
感性を解き放ちつつバランス感覚を発揮することが求められる。

わしは座禅のように座ったりもした。
何か良い考えを出すために、体を動かすという方法もあるけど、
日本には静かに座禅を組むという方法もある。
いろいろやってみればよい。

良いデザインは、みんなを楽しませる。
しかしそれを生み出すために、考え出すために、クリエイターはいつも楽しい思いをしているのか?まさかそんなわけない。
時として、地獄を見るのだろう。
暗い海に、沈んで沈んで、水の流れを何とか掴んで浮き上がり、
一瞬水面に出て輝いた瞬間を作品として定着するのだ。

トイレにも行った。これも、行き詰った時、よくやる方法だ。
ことさら、リラックスを強調しながら、トイレを済ます。
沈想し、視界をあえて狭めて、手を洗って、
ドアを開けて、歩いて、ドアを開けて、スタジオに入る。
ふと顔を上げて、制作中の状況を見る、
何も出ない。

しかし悪い感じはしなくなってきた。
色々な条件が体と頭に馴染んできて、何か答えが出そうな予感の予感がする。
暗闇を走る黒猫のしっぽを掴むよう。

辛いけど、こんなに集中できる時間と環境をいただいたことへの幸福感も同時にある。

また座り、ついには寝た。
寝る…その環境に体を馴染ませる最終手段かもしれない。
床が冷たい。風邪をひくかもしれない。
でも今寝ないともっと大変なことになる、かもしれない。

20分程気を失っていたか?目覚める。
立ち上がって、依頼主のスタッフさんが差し入れてくださったマスカットと食べていると、
頭の中にすでに答えがあることに気付いた。
これだ。
ついに降りてきた。

わしは静かに興奮して、奥さんにメールした。
何を作れば良いか、はっきりしたのである。
この一ヶ月くらい、頭に存在し続けたもやもやが、晴れたのである。
やった!

まあ、立体制作においては、これから実際に手を動かすことの方が大変なんだけどね。
[PR]
by syun__kan | 2015-09-24 20:54 | 日記 | Comments(0)
<< この店 コマへ >>