この店

若くて瑞々しい感性!

とか、そういうのは、もう売り切れですよ。
32歳ですから。

前は、
「あの芸術は絶対間違っている!こっちの芸術の方が絶対正しい!」
みたいに、思えたのかもしれないけど。
そして、正しいと思う芸術を、力いっぱい打ち込んだのかもしれないけど。
でも、社会全体から見れば、どっちもアート村の出来事で、
だいたい、同じ。
大きな予算が、アートに振り分けようか、それともスポーツに振り分けようか、理化学に振り分けようか…
みたいに天秤にかけられてるとしたら、
「ハーイ!こっちこっち!」と言って、
一緒に手を挙げる仲間なんだな。

白黒なんてない。
100人には100通りの考え方があるし、
その100通りだって、時と場合によって変化する。
「自分が絶対正しい!」とか、
そういう思いは、もう抱きません。

躍動する若々しい肉体!

とか、そういうのも、もう売り切れですよ。
これ以上記録伸びません。
例えどんなに練習しても、
原則としてこれ以上速く走れない。
維持するだけです。
できれば、なるべく長く、現状を。
職員リレーも全力で走るけど、翌日からは筋肉痛。
股関節がきしんでます。
普段から腰、痛いです。
整形外科行ったら、レントゲン撮った後に、
「もう、若いころのようには行きませんから」
と、はっきり言われました。
若くないらしいです。
薄々気づいてはいました。

じゃあこの店では、何を売っているんだ?

そう問われると、ちょっとばかり口ごもってしまうけど…

お酒を飲んだり、あるいは煙草を吸ったりしながら、
キラキラした若者に対して、
「おい、お前は、俺みたいにはなるなよ」
とか言ったりする、大人には、わしはならないですよ。
どちらかというと、
「わしよりおもしろい人間になってみろ!」
と、言える大人になります。

どうすれば、そうなれるかな?
それはこれから、いっっっっっしょうけんめい考えるよ!
それだけで、ある程度は楽しめるよ。
[PR]
by syun__kan | 2015-10-05 23:49 | 日記 | Comments(0)
<< 約一年半後に個展 アイデアイデヨ >>