約一年半後に個展

おい、よく見てろよ、おれの、本気の、生き様を見せてやる。

と言って、わしは、台所に溜まった牛乳パックを、
リサイクルに出す用にハサミで切り開き始めた。

最近…いや、だいぶ長らく、
(妻によると1年10か月)、
わしのアート脳は停滞していた。
依頼される制作物ばかりやりすぎて、自分の作りたいものを作っていなかったからだろう。

依頼されること自体ありがたいし、社会からの要求に沿って作ろうとすることは必ずや貴重な経験値となる。
だから…そればっかり作ることに若干の疑問は抱きつつも…やりつづけていた。

しかしながら、慢性の腰痛がぎっくり腰になるように、
爆弾低気圧のように、
ここへきて最近、急に感性が停滞してしまい、
アート鬱と言うべきか、造形活動に対してかなり怖気づいてしまい、
2年半の鬱経験者である妻からも心配されるような感じになっていた。

とにかく元気がない。
仕事は普通にやれるが、アフターファイブ(5時になんか仕事終わんないけどね)が、腑抜けになってしまう。
帰ってきても、夕食を咀嚼し、嚥下し、
犬の散歩で深夜の近所をふらふらと歩行し、
腰に湿布を貼り(腰は比喩だけではなく現実にも痛い)、就寝するだけの人間。
32歳。男性。
という感じ。

何とかしなくては。
アーティストとしてステップアップして行きたいのに、できない現状、
父としての義務も果たさなきゃならない事情、(HEY,YO)
マイホーム求める妻と増えない給料、
加齢する体と華麗にスルーする美術手帳、
遠ざかるアート界繰り返す日常、
そういえは何月今日は何曜?
YEAH YO。
俺は前橋生まれ 折り紙育ち
悪そうな奴は大体他人
悪そうな奴と大体同じ
赤木県道歩き見てきたこの町(と村)


といったところで。
こうして書けるのも、それが終わったからですYO。

ところでさ、「天才」と「凡才」の差は、すごく大きいと思うわけで。
わしだって、絶対にミケランジェロにはなれないですよ。
でも、「スター」と、「スターじゃない人」って、
素質的なところとや、能力的なところでは、それほど大きな差はないんじゃないかと思う。
要は、「自分はスターです」と言ってしまえる覚悟のある人、
それによって生じるプレッシャーを受け止められる人、抱えきれる人が、スターなんだと思うよ。

だから、マイケル・ジャクソンは自分がスーパースターであることにこだわって、決して等身大の目線には降りてこなかったし、
プリンスは「ベイビー・アイム・ア・スター」なんて歌を歌ったんだ。

わしは天才ではないけど、スターになりたいよ。
いかに堂々と、でたらめなことをやれるか。
頭を動かして、口でしゃべる。
動作が、「頭」→「口」で終わる。
これが、スターじゃない人。
頭を動かして、口じゃなくて手を動かす。何か作る。そしていろんな人に見せて、いろいろ言われるストレスを、胃で受け止める。
「頭」→「手」→「胃」。
これがスターになれるかもしれない人の手順だと思うよ。
絶対そう。

わしは、何か主体的に制作する、アート脳を復活させるため、
約一年半後に個展をやることにした。
どこでやるかとか、全部未定だけど、
とりあえず、悩んで悩んで、そういう結論に達した。
「ちくしょう、転職だ!」
というキャッチコピーのネット広告を最近見るけど、そんな心境になった。
転職はしないけど、
「ちくしょう、(方針)転換だ!」
という感じか。
今までわしは、自分で会場を予約して個展をする、という、
アーティストの基本フォーマットと思える活動を、したことがないんだ。
個展はしたけど、公共施設に招かれてやっただけ。
全部自分でやりたいようにやって、全責任を負う、
そういうのを、やらなきゃだめだ。

そういう結論に達したら、ようやくアート脳が晴れて、
ブーーンと、回転を始めた。
面白いのは、腰痛まで少し、緩和されたこと。

切り開かれた牛乳パックは、15本に及んだ。
うちは、牛乳は、1週間に1本くらいしか買わない。
そのくらいの期間、停滞していたのかもしれないね。
やれやれ。
目標を持たずに生きることができない、ということは、まあ、悪いことじゃない。
[PR]
by syun__kan | 2015-10-12 22:58 | 日記 | Comments(2)
Commented by T=|T at 2015-10-13 22:20 x
五美大展以来のファンです。
最近、活動再開されたのだなと嬉しくブログを拝見しております。
何も出来ませんが…そっと応援しております。個展も楽しみです。(そっとプレッシャー…)
Commented by syun__kan at 2015-10-13 23:39
どうもありがとうございます。
五美大展は2006年でした。
2008年に一発打ち上げて、その後冬眠し、2012年に再開してから今年まで、何とか踏ん張っています。
よろしくお願いします。

関口
<< そんなわけないけど本気 この店 >>