マスコット

マスコットキャラクターを題材にして、物語を創作してみました。
日記ではありません。

☆☆☆

マスコットは、「お付きの人」に手伝ってもらいながら、降臨させる。
敷地の裏のほうにある倉庫で、こっそりと。
お付きの人は、後輩の先生だ。
降臨が済むと、誘導されながら、
倉庫を出て、通路を抜け、グランドに出る。
学校行事のお祭りに来ている、子どもたちや保護者たちと握手したり、一緒に写真を撮ったりして触れ合った。
穏やかな時間が流れた。
グランドを一周した後、倉庫に戻り、
お付きの人の手伝いを得て「世を忍ぶ仮の先生」の姿に戻る。
世を忍ぶ仮の先生は、再びスーツの上着を着て、
何食わぬ顔で模擬店の業務に戻った。

模擬店で「いらっしゃいませー」と声を張り上げていると、ある先生が、
「マスコットはもう来ませんか?」
とたずねてきた。
どうやら、先ほど一周したとき、一緒に写真を撮りたかったのだけど、着替えをしていて撮れなかった子どもがいるらしい。
「では、チャンスがあれば、また現れるかもしれません」
と、世を忍ぶ仮の先生は答えた。
しかし模擬店もけっこう忙しく、
なかなかチャンスは訪れない。

マスコットは、なかなか大掛かりな妖精である。
1メートル四方はあろうかという四角い大きなボディに巨大な顔があり、
腕や脚は黒くゴワゴワしていて、手と靴はまた大きくごつい。
けっこうな重さ、そして動きにくい。
降臨させるのは、なかなか大変な仕事だ。
たった一人のために、そこまでしなくてもという感じもする。
しかしながら、次に降臨するのは半年後になるだろう。
期待してくれること自体、やってる方としては非常にありがたいことだ。
なるべく応えたい。

模擬店の客足が途絶えた。
しかし、お付きの人をやってくれる先生は忙しそうである。
一枚写真を撮れば完了する、短い降臨である。
一人で何とかなるかもしれない。

そう思った世を忍ぶ仮の先生は、単身、倉庫に向かった。
てこずりながらも、何とかして、降臨させる。
一人で倉庫を出た。これは初めてのことだ。
このマスコット自体、今年生まれたばかりであり、
おもてに出て子どもと触れ合うのは、今年の運動会に続き、まだ2回目だ。
外に踏み出す時、一瞬「大丈夫かな」と思った。

グランドに現れると、やはりまた人に囲まれる。
写真を撮れなかった子が来る。狭い視界から彼の笑顔が見える。
保護者がシャッタを押し、任務完了。しかしそれで終わらない。
まだ囲まれている。
ドスッという感触がある。周りの子に叩かれているのだ。子どもとしてはごく自然な反応だ。
お付きの人がいれば、その辺はうまくさばいてくれるのだが。

ゆっくりと歩き、倉庫に戻ろうとするが、
子どもが倉庫まで付いて来たらどうしようと考える。
倉庫に一人で帰ることはできるが、マスコットは手指がうまく動かせないため、
ドアの鍵を閉められない。
世を忍ぶ仮の先生に戻る場面を、見られることは、マスコットキャラクターとして、絶対に許されない。
やはりお付きの人が必要だったか。

誰か先生を呼ぼうとする。
「お付きの人」がいる模擬店は、ここからは遠い。
2×10センチほどの視界から探すと、近くにヨーヨー釣りの模擬店が目に入る。
そこの先生たちに近づいていくが、
「わー、マスコットだ、すごーい」
という反応。周囲の喧騒の中、こちらの声は先生たちまで届きそうにない。
「模擬店の宣伝をしてもらおう」
と言われ、大きな指に水風船のヨーヨーを付けられて終わった。
確かに、子どもに囲まれた状況で、世を忍ぶ仮の先生の声を張り上げて、
「倉庫まで来て手伝ってください!」
と懇願するのは無理がある。
ファンタジーを壊すわけにはいかない。

しかたなく、周囲の人にぶつからないよう、細心の注意を払いながら、一人で倉庫に向かってゆっくり歩くことにする。
付いてくる子どもは…誰かいる。
視界が狭くよく見えない…気配と聞こえてくる声から察するに、数人だろうか。

しかし、その中にいた一人の女の子は、キャラとは何たるかをよく心得ていた。
倉庫にたどり着き、マスコットがドアをくぐると、
「おうちに帰るのね!じゃあまたね!
また半年後の行事で会おうね!」
という素晴らしいセリフとともに、ドアを閉めてくれ、
他の子に「行きましょ!」と声をかけ、立ち去ってくれた。

助かった、これで何とかなった。
そう思い、まずは指にまとわりついている水風船を振り落とす。
そして四角いボディの左右の端を台に乗せ、しゃがむことによりボディから出ようとする。

「先生」

急に声をかけられ、ギクリとする。
振り向くと、ドアの隙間からのぞく、男の子と一瞬目が合う。

まずい。

しゃがんだ状態だった世を忍ぶ仮の先生は、ものすごい速さで立ち上がってボディに滑りこみ、
過去最速でマスコットを降臨させ、彼の方に向き直る。
そして裏声で、

「…こんにちは!マスコットだよ!」

と一言。
マスコットの声は高いという設定が、急きょ決定した。
男の子はまだこっちを見ている。

「先生、出て来てください」

と発言。

「違うよ、マスコットだよ!」

と、裏声で答える。
睨み合う両者。

しばらくして、男の子は立ち去った。
ボディを脱ごうかと思ったが、狭い視界から確認すると、彼は倉庫の窓からまだこちらを見ている。
世を忍ぶ仮の先生としては、ドアに駆け寄って内側から鍵を閉められたら一番良いのだが、
あいにく、手を抜き出して指を動かせる状態にするには手間がかかる。
もそもそやっているうちに、男の子は勘づいてすぐにドアに戻って来てしまうだろう。
静止するマスコット。
男の子も動かない。

男の子は再び、戻って来てドアの隙間に現れた。そして、

「ずーっと、見てるよ」

と一言。
もう返答しないマスコット。
逮捕された人が黙秘権を行使するときは、こういう気分なのだろうと思う。
睨み合いが続く。
しばらくして男の子は、

「はあ~。しょうがないなあ」

と一言。そして、

「10、9、8」

と、カウントダウンを始めた。
何を意味するのだろうと思う間もなく、カウントはゼロに達し、
その瞬間、男の子はものすごい勢いで倉庫に入ってきて、マスコットのボディを下から突き上げ、脱がそうとする!

やばい。
世を忍ぶ仮の先生の身を包む、四角い箱がグラグラ揺れる。
絶体絶命のピンチと言える。
何も自分が絶命するような状況ではないが、マスコットとしてのアイデンティティは、瀬戸際に追い込まれた。
体を硬直させ、脱がされることは絶対に阻止する。
こちらにも意地がある。
マスコットは、マスコットなのだ!先生では断じてない!

しばらくして、男の子はあきらめたのか、元の位置、ドアの隙間に戻った。
そしてこちらに顔を向け、

「ずーっと、見てるよ」

と、再び一言。

箱の中の、世を忍ぶ仮の先生といえば、全身を汗が伝い、薄くなる空気で呼吸が荒い…
かれこれ20分くらい、こうして睨み合っているのではないか。
さっきグランドに出て皆とふれあっていた時間と合わせると、こんなに長くマスコットを降臨させ続けたことはない。
心のカラータイマーが鳴り響いている。
もうだめかもしれない…
おそらく今日のめざましテレビの占いは最悪だろうな、と思う。

ふと、倉庫外の通路を、事務長が通りかかった。
そして、男の子と、そして倉庫内のマスコットを見て、
「あれ?何してるの?」
と、気に留めた。

これは千載一遇のチャンスかもしれない。
マスコットは、甲高い裏声で、

「事務長ー!事務長ー!助けてくださーい!」

と、叫んだ。
しかし、どういう状況なのか、なかなか掴めない事務長。
「え?脱ぐの?脱げばいいじゃない」「外に出るの?はいどうぞ」等、つぶやいている。
当然である。なかなか特殊な状況だ。
キャラとは何か。そういうこだわりがあって、初めて生まれる状況といえる。
そのあたりを事務長が理解してくれるか。

しばらくして、「ああそうか。彼にどいてもらえばいいのか」と言い、
何とか飲み込んでくれる事務長。
男の子に「行こうよ」と声をかけ、連れ出そうとしてくれる。
しかし、「え~や~だ~」と嫌がる彼。

それもそうかもしれない。
彼は彼なりに、世界が明確であって欲しいと願っているのだ。
グランドを歩く謎のマスコット、そのファンタジーを理解し、包容してくれる人ももちろんいる。
しかし、

「学校という重要な生活環境に、謎の部分があってたまるか。
理解できることはすべて理解したい!」

そういう彼の思いを、誰が否定できようか。
世を忍ぶ仮の先生は、四角い箱の中で、ささやかな罪悪感を抱いた。

事務長はあきらめ、「別の先生を呼んで来よう」と言って立ち去った。
再び男の子と、マスコットは二人きりになる。

一瞬、世を忍ぶ仮の先生の頭に、
このまま箱から出て、
「マスコットは、先生だったんだ!クラスのみんなには、ナイショだよ☆」
と言ってしまおうか…
という思いがかすめた。
しかしそれを振り払う。

事務長が、教頭先生を伴って戻ってきた。
事情は道すがら伝えてくれたようで、教頭先生は「えーやーだー」と抵抗する彼に、
巧みに話しかけ、誘導し、ドアの外に連れ出した。
閉まるドア。

弾かれたように、マスコットのボディから抜け出した世を忍ぶ仮の先生、
自らの手を包む大きな手をむしり取り、ドアにむしゃぶりついて鍵を閉める。
腕と足を覆う黒いゴワゴワの皮を取り除き、人間の姿になり、素早くスーツの上着を着る。
そして、倉庫の裏口に駆け寄り、外に出る。

倉庫の外壁に沿って歩くと、当然ながら教頭先生と押し問答している、男の子がいる。
世を忍ぶ仮の先生は、何食わぬ顔で、しかし汗だくで、

「あれ?そんなところで何してるの?グランドに行った方がいいんじゃない?」

と声をかけた。
彼は、

「…え~~~」

という、納得の行かない声を上げた。その場からは動かない。

世を忍ぶ仮の先生は涼しい風に解放感を得ながら、そのまま一人、急いでグランドに行った。
仕事中である。
模擬店はすでに終了し、グランドでは学校全体で行うパレードが始まろうとしていた。
男の子も、これに参加しなくてはいけない。まだ倉庫のところで不満を表しているかもしれない。
世を忍ぶ仮の先生は倉庫に引き返し、教頭とともにまだそこにいた彼の手を取った。
今度は、一緒に来てくれた。
[PR]
by syun__kan | 2015-11-25 07:18 | 日記 | Comments(0)
<< 失礼 あさひでがくえんさん、表紙に登場 >>