マイベスト

20年くらい悩み続けていることがある…
マイベストアルバムの選曲。
自分の好きな曲を集めて、
昔は、一枚のカセットテープ、
10年くらい前は、МD。
今なら、iPodのプレイリスト。
にして、聴こう、という。

まったくもって、勝手にしろよという感じである。
のは分かっている。
しかし、本当に、いつになっても決まらないのだ。
洋楽と邦楽が混ざってしまうと、統一感が欠けるな…と思ったり。
いや、統一感を持たせることに何の意味があるのだ?
わからない。
でも何か、あんまりバラバラではいけない気がする。
ビートルズも嘉門達夫も大好きだけど、同じ部屋にいれてはいけないような。
でも、例えば洋楽だけで10曲以上選ぶのは、けっこう大変だ、頭数が足りない。
マイケルは大好きだけど、マイケルから4曲も5曲も選んではいけない。
10曲あるとしたら、全部違うアーティストにしたいものだ。
なんとなく、そう思うのだ。
いや、そもそも10曲以上なければならないというルールはどこから来たのか。
10曲以上でなければならないという理由は、どこにもない。
7曲でも8曲でも良いではないか。
しかしだね、一応「アルバム」と銘打っている以上、
10曲くらいは欲しいという、気がする。
時代性にも配慮が必要だ。
70‘sばかり並んだところに一曲だけ00’sが混ざるのは浮いちゃうのではないか。
あのライブアルバムの中の一曲は、大好きなんだけど、
そのトラックだけ抽出すると、曲の始まりと終わりがブツ切れになるしなあ…
やはり最初から最後まで、自然に流れることが望ましい。

とかなんとか…

しかしそれらは、何のために?
このアルバムを作ったとして、誰が聴くのか?
誰かに聴かせたいのか?
聴かない。
どう考えても、自分しか聴かない。
どうもわしは、誰かに聴かすことを、何故だか想定して、選曲しようとしている。
まずそこに、議論の余地、つまりツッコミどころがある。

まあ、ごっこ遊びなのだ、要するに。
選曲者ごっこなのだ。
20年の壮大なるママゴト。
じゃあ、それで良いとしよう。

それにしたって、決まらないのだ。
ごっこあそびであることを、自分に許しても。
この間は、「ハピネス・イズ・ウォーム・ガン」を選ぼうと思い、
実際にiPodの「マイベスト」プレイリストに入れていたのに、
本日は「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」の方がいいと思っている。
ジョージのへなへなした声が恋しいのだ。

最近分かってきた。
正解は無いのだ、要するに。
人の考えは揺れ動く。いろんなことを考える。
昔は、そのうちのどれかだけが正解で、他は間違っているものだと思っていた。
大学卒業する時期とか、将来自分はどうするのか、いろいろ考えて、
本当にいろいろなことが頭をよぎり、
どの道が正解なのだろうと悩んだものだが。
今思うと…そもそも正解とか不正解とか、無かったんだ。
だって、どの道を選んでも、行った先で、またいろいろなことが頭によぎるのだろうから。
考えてもしかたないよね。

みたいな感じで、余計なことに頭を悩ませなくなったのが、今年の成長だったかもしれない。
マイベストアルバムの選曲も、20年目にして、頓挫という形で結論を得たのであった。
正解も不正解もない。
ベストを尽くして行けばよい。
[PR]
by syun__kan | 2015-12-24 01:31 | 日記 | Comments(0)
<< ソニー「KIDSTONE」 幸せは打ち終わったばかりの熱い通信簿 >>