4種盛り合わせ

くそう、うまく眠れなかったぜ。
今は日曜朝の電車で、この文を打っている。
昨日は、ある友人の作品をトラックに積み込む手伝いをしていた。
今日は、搬入先での荷下ろしを手伝いに行くのだ。
その、昨日見た彼の作品が、あまりにもスリリングだったので、
わしは宿泊先のホテルでトイレの水が詰まってフロア全体が水浸しになるようなハチャメチャな夢を見た挙句に、4時に目覚めてしまった。

大規模なコンペティションに出品される彼の作品が、どんな反響を呼ぶか、非常に気になっている。
その結果如何が、わしが制作活動する上での精神に与える影響は非常に大きいと思う。

やれやれ、2016年は、まだ始まって半月ぐらいのはずだ。
何だろう、この中身の濃さは?
世の中的にも、デヴィッド・ボウイが亡くなってしまうわ、SMAPさんが解散するわ、中邑真輔が新日本プロレスを退団するわ、
どちらかというと破壊的なニュースが矢継ぎ早に起こる。

わしの周辺のアート活動に関しては、今年に入って4種盛り合わせ状態だ。

元日とその翌日は、前橋の実家で「女王」という作品の手直しをしていた。
女子美術大学のギャラリーである、「ガレリアニケ」という場所での展示に出品するためだ。
その後、下見や搬入のために半月で3度も、東高円寺の女子美のキャンパスに足を運んだ。
そう、この展示は1月15日にスタートしている。
http://www.joshibi.net/museum/nike/
「女王」と「王様」を出している。
新作は…「ドライヤー」という小品が一つのみ。
というか、「女王」も「王様」も、もう何年も前につくったものだ。
「女王」に至っては、展示されるのは、今回で…そう…たぶん8回目だ。

お前、いつまでその作品で商売するんだ!?新作はどうした?

という感じがしてしょうがないが、今回はキュレーション側の方からこの作品に出動要請があったというわけなので、
どうかご承服いただきたい。
これが1種目。

成人の日には、3月から行われる、あるデザイナーの大規模個展に少しだけ協力するための制作物を、
赤帽さんで代々木に搬入した。
冬休み中は「女王」の手直しのほかに、家でこの制作物をちまちまちまちまとつくり進めていた。
これが2種目。

その週には、終業後に国立新美術館に出向き、4月に行う予定のワークショップの打ち合わせをした。
3種目。

そして昨日今日の、友人の手伝いである。これで4種。

わしのお小遣いの大半は、交通費で消えていく(友人は交通費を出してくれるが)。

学校では美術の授業が始まっているし、生徒の作品紹介ブログも続いているので、
アートに関しては4種どころではないかもしれない。

「アート」というものに対しては、大学のころは愛憎入り混じる感情を抱いていたが、
結局のところ、わしからアートを差っ引いたら、
何が残るんだろうという感じもする。
経済的には相変わらずカツカツだが、
このアートの能力は、一億円もらっても手放したくない。
[PR]
by syun__kan | 2016-01-17 19:07 | 日記 | Comments(0)
<< ボリさん2歳1か月 デヴィッド・ボウイ氏 >>