あえて戻る

最近ボリさん(2歳1か月)が覚えて使った言葉で、「お、いいな」と思ったのは、

「イエー!」

である。
この言葉、元来無意味である。

というかボリさんは、生まれたときは泣いていて、
その後もアーアーだのバブーだの、
特に意味のない言葉を連発していたわけだ。

でもそれが、わしは意外と好きだった。
意味のある言葉もいいけどさ、
ビートルズの「オブラディ、オブラダ」、マイケルの「シャーラ、シャーリンゲイ」のように、
意味のない言葉って、素敵じゃないか。

でもボリさんは、徐々に意味のある言葉を覚えだす。
「とうしゃん」「かあしゃん」「ぞうしゃん」など。
「とうしゃん、いないねー」など、
二語文も話すようになってきた。
そのうち、三語文、四語文になり、
助詞が入り、接続詞が入りで、
日常会話ができるようになるかもしれない。
その方向性をさらに進めていけば、
難しいことを話せるようになるかも。
世界情勢とか、環境問題とかね、
もっとやりこめば、宇宙だとか、哲学だとか、宗教だとか、
人間はどこから来て、どこへ行くのか、
生きる意味とは何か?
人生とは?
とか、そういうところまで。

でも、わしは時々、
「そこまで考えてどうすんだ?」
と思ったりするんだ。
何か、考えすぎるのも良くないな、と。
意味のある言葉は大事だけど、突き詰めすぎも良くないんじゃないかと。
だから、無意味な言葉が好きなのかもしれない。

「イエー」は、
意味のある言葉を言えるようになった人間が、
無意味な段階にあえて戻るために、発する言葉だ。
ボリさんも、そんなことが言えるようになったんだなと。

以前、寝たきりの段階を脱し、ようやく立ち上がれるようになり、
歩けるようになったボリさんが、
ニヤニヤ笑って、ごろんと寝っ転がって見せたことがあった。
動けるようになって、動くことこそが我が使命!という感じだった人間が、
あえて動くのをやめることで、遊んでいたのである。

あえて戻るのは、けっこう素敵だ。
それが遊びになり、アートになり、
豊潤さを生む。
[PR]
by syun__kan | 2016-01-27 23:23 | 日記 | Comments(0)
<< 三宅感君、第19回岡本太郎賞受賞 ボリさん2歳1か月 >>