よく知らないこと

よく知らないことについては、意見を持たない。

これはわしのモットーである。
何かが起きたときに、当事者は意見を持つし、
それについてかなり詳しい人も、意見を持つのが自然だ。
しかしだ、わしにとって、おおかたのニュースは自分に直接関係なく、
新聞やインターネット、テレビで見た情報だけでは、出来事の背景や登場人物の思惑がわからないので、
「意見」を形成するには、到底足りない。
だからわしは時事的な話題については基本的に日記を書かない。

よく知らないことについて、断片的な情報だけでいろいろ意見を言う人がたくさんいて、
余計にこんがらがる、という状況も、世の中ではある気がする。

それに意見は、表出すると力を持つ・・・
何気ない意見でも、当事者やかなり詳しい人はそれを聞いたときには、ちゃんと情操を揺さぶられる。
それを思うと、ニュースに対する意見というのは、わしは軽々しく言えない。

とすると、たとえば今年のニュースでわしが意見を持てるのは、
プリンス氏の死去くらいであろう。
プリンスが生前発表した曲のほとんどは、わしのアイポッドに入っている。
先日土曜は、立川の映画館での、追悼企画に行ってきた。
「サイン・オブ・ザ・タイムス」というライブフィルムを、スタンディング・歓声アリで上映してくれるのだ。
上映前の劇場内は、プリンスのイメージカラーである紫の照明が付き、代表曲の「パープルレイン」が流れ、
画面には「Rest In Purple」。
f0177496_22201179.jpg

普段、身の回りにプリンスファンなんて全然いなかったので、
周り中プリンスファン、プリンス愛に溢れた空間にいるだけでかなり幸せだった。
ライブの最後の曲「The Cross」で、
プリンスは照明を使って舞台に「God Loves Peace」を意味する記号を映し出した。
アーティストはいつも、平和の素晴らしさを口ずさむ。
プリンスはMTVで史上初めてプロモーションヴィデオが放送された黒人アーティストである。

この企画は、映画館のあるスタッフさんがプリンスファンで、実現したものだそうで、
上映前にはこの方の挨拶があった。
わしと同い年くらいかな?30歳前後の男性で、
集まった満員の席からは「ありがとう」というニュアンスの拍手が送られた。
自分の思いを仕事に反映し、多くの方に感謝される。
素晴らしいことだ。こういうのを活躍という。

わしも活躍しなくてはならない。
夏には広島市現代美術館で、展示とワークショップを行う。
その内容の詳細については、まだ相変わらずシンキングタイムだが・・・。

ところで、立川の上映会の前日には、
71年前に原爆が投下され、黒い雨が降った広島に、
アメリカ初の黒人大統領であるオバマさんが訪れ、
献花し、被爆者の方と抱擁するという、ニュースがあった。
そんな歴史的な出来事があった年に、同じ広島市エリアで展示・ワークショップを行うのも、
まあ、ただの偶然なのだけど、勝手に縁を感じている。
(恩人である三宅一生さんも、広島出身だ)

原爆について、平和について、わしは当事者ではない、と思いきや当事者である。
こういった問題に限っては、「関係の無い人は黙っていて」とはならないのだろう。
「みんな集まって!考えて!当事者なんだから!」という空気の方が強いだろう。
わしはやはり、よく知らないので、意見を言えるだけのものは持ち合わせていないけど、
展示やワークショップを通し、印象を口ずさむくらいはできるかもしれない。
[PR]
by syun__kan | 2016-05-30 22:23 | 日記 | Comments(0)
<< シタタン 多摩センター再訪 >>