シタタン

パッタン、シタタン、パッタン、シタタン…
わしが歩いている。
夜中、犬の散歩をしながら、ビーチサンダルを履いて。

パッタンは、わしの左足の音だ。
踏み込んで地面に着いた左足、
再び地面を離れる瞬間、
かかとが上がり、サンダルの底はまだ地面に寝ている。
次いでつま先が地面を離れ、
ほぼ同時にサンダルの底も地面を離れて、
わしのかかとの足の裏をパッタンと叩く。
その音だ。

シタタンは右足の音だ。
左足と同じように、かかとを上げ、次いでつま先が地面を離れ、
サンダルの底がわしの足の裏を叩くわけだが、
どういうわけか、つま先の力の入り具合が左足とは異なる様で、
右足は2回叩くのである。
よって、シタタンとなる。

パッタン、シタタン、パッタン、シタタン…

歩きながら、そのことに気付いた。
これは、つまり右足は左足より力が入っているのか?抜けているのか?
気になって、検証してみたくなり、つま先の力の入り具合に意識を向けてみた。
すると、力加減が変わってしまったようで、

パッタン、パッタン、パッタン、パッタン…

になってしまった。
わしは再びシタタンを取り戻すため、右足のつま先の力の入り具合を調節する。
しかしどうもうまく行かず、

パッタン、シタン!パッタン、シタッ!パタン、シタタン、パッタン、シタタタ!

という具合に、乱れてしまった。
悔しくも、意識を向けている間は、安定したシタタンを取り戻すことはできなかった。

なのでわしは、取り戻せなかった代わりに、この話を奥さんにして、笑ってもらおうかとも思ったのだけど、
オチがないというか、ナイーヴすぎる気がして、ためらわれた。

そして、こういったフィーリングは、どこかで経験したことがあるな、
そうそう、小学校の頃に国語でやった、詩を作る授業っぽいと思った。

詩の授業では、水を飲んだときや、ウサギを抱いた時など、
日常の様々な場面で感じることや小さな発見のようなもの、
機微みたいなものをつかみ取って書くことが求められた。

わしはけっこうそれが好きで、楽しんでやっていたけど、
結局のところ、あの感性は、
シタタンを追い求めるような感性は、
大人になって、果たして何の役に立つのだろうか?
あの感性に特化した人が育ったら、けっこう困るのではないか?

そしてわしはその、詩の授業の感性に特化した人になっているのではないか?

パッタン、シタタン、パッタン、シタタン…

まあ、楽しく生きてはいるよ。
[PR]
by syun__kan | 2016-06-06 21:09 | 日記 | Comments(0)
<< センター問い合わせ時代 よく知らないこと >>