美大のふんわり不思議ちゃん

最近の教官は優しいようでして、教習所通いの奥さん、
教習中に女性教官とこんな会話があったようです。

教官「関口さんて、お仕事されてたんですか?」

奥さん「幼児絵画教室の講師をしてましたよ」

教官「じゃあ、美術の勉強されてたんですか?」

奥さん「ええ、美大卒ですよ」

教官「ああ、何だかすごく納得できましたよ。
関口さん、すごく雰囲気が柔らかくて、話しやすくて、
この感じは何だろうと思ってたんですけど、
もしかしたら花屋さんか何かかと思ってたんですけど、
美大だったんですね。
前にも、ムサビの女の子が生徒でいて、
その子は卒業制作にゴリラのイスを作ったそうなんですけど、
その子と雰囲気が近いっていうか…」

ということで、それって要するに、
奥さんは「美大のふんわり不思議ちゃん」という枠で捉えられたということだろうか。

確かに、奥さんは、身長153センチだし、
かわいらしい感じがしないでもないし、
ガーリーな服を着ていたりすることもあるが、
しかしよく見て。
その目にやどる、やさぐれを。
「険」を。
口元にやどる、「業」を。

美大には、ふんわり不思議ちゃんはたくさんいる。
そして、確かに、徹頭徹尾、どこを切っても金太郎あめのように、不思議なままの、
正真正銘のふんわり不思議ちゃんも、存在する。

また、一見ふんわり不思議ちゃんだけど、
例えば虫をたくさん集めて窒息死させるのが好きだったり、傷口を見つめるのが好きだったりとか、
何か深刻に変わったパーソナリティを持った、
ふんわり不思議ちゃんもいる。

しかし奥さんは、それらともちょっと違う。
彼女の生い立ち、抱えているいろんな諸々、
それらのリアリティは全然、ふんわり不思議ではない。

奥さんは、描いたり作ったりする作品もかわいらしい感じだったので、
周囲の人は、アリバイを取った気持ちになっただろう。
やっぱりこの子はふんわり不思議ちゃんだと。

違う。彼女は、シリアスなんか、もううんざりなのだ。
作品中の世界くらい、平和でかわいらしくあってほしいのだ。

学生の時に、
奥さんから、自作のアニメーション作品のDVDをもらって、
かわいらしい、
星に乗って来たうさぎが傷ついた魚を助けるようなアニメーション作品を観たとき、
わしはひとり、下宿で号泣した。
[PR]
by syun__kan | 2016-06-28 22:49 | 日記 | Comments(0)
<< 夏のワークショップ・プロジェク... ホットペッパーに登場 >>