広島滞在制作・前夜

無風と言っていいくらい、普段は反響のないこのブログですが、
一昨日の日記をシェアしてくださった方々、ありがとうございます。

話は変わりまして、
わしは今、恍惚感の中にいる。
終業後、電車を乗り継ぎ、
広島に向かう新幹線「のぞみ」の中。
明日、7月29日から、2週間かけて、
広島市現代美術館において、滞在制作するのだ。
今夜23時頃、広島に着く。
簡易宿泊施設から、朝、美術館に行き、
夜まで、新聞紙を揉み続け、
ガムテープを巻き続け、
夜に簡易宿泊施設に戻って寝る。
という生活を2週間送る。

もし仮に、わしが新聞を揉むことに、
ガムテープを巻くことに、
興味がない人だったらとしたら、
それは限りなく懲役に近い。

しかしわしは、その作業がどうやら天命のひとつに該当するので、
現在の新幹線の中において、
スペシャルな感慨に襲われている、
覆われている。4号車1列A席ごと。

普段は埼玉の県境の住居と東京の職場を往復し、
教員の仕事を全うさせていただき、
家庭では奥さんと丁々発止というか以心伝心というか、
そんな感じで2歳7か月のボリさんを育てる父。
でもそういった「日々」をいったん離脱し、
基本的にわし個人的な独裁の2週間を送っていいよ、という幸せ。
送り出してくれた奥さんとボリさんの度量に感謝申し上げる。

でも、楽しいだけじゃない。遊びじゃない。
2週間で大作を仕上げるというプレッシャー、
そして広島現美の意に添う作品を作れるか、という、これまた超ド級に強烈なプレッシャー、
そして日程のうちの後半5泊、一緒に泊まるはずだったのに、犬の預け先が確保できず来れなくなった奥さん&ボリさんに、
満足いくお土産を持て帰れるか、というプレッシャー。

2週間のうち2日間は、休館日のため、わしはオフになる。
ほっとけばわしは、どこかしらの場所を見つけ、制作を続けるだろう。
泊まるのがカプセルホテルのため、ホテルではできないので、例えばカラオケボックスとか。

そんなわしに対し、
「宮島に行ってきなさい。できれば呉にも。
行けなかった私らの分まで!」
という奥さんからの指令が出ている。
お土産と、広島観光をしたぜという土産話なしでは帰れないのだ。

そんなわしの2週間を、
広島にお越しになれない方々にも鑑賞していただきたいので、
というかわしの不安をおすそ分けしたいので、
これから2週間、毎日日記を更新します。
客観的にも、面白い状況だと思うし。
制作の進行状況の写真を交えて。
計画がうまく完遂するか、
ぜひ毎日見に来るように!
[PR]
by syun__kan | 2016-07-28 21:05 | 日記 | Comments(0)
<< 広島滞在制作・1日目・こむら返り 今朝のニュース >>