広島滞在制作・10日目・戻るべき場所

f0177496_22302180.jpg

日程も残り少なくなってきた。
実は最後の4泊、つまり7日の夜からは、
同じカプセルホテル内でも1000円高い、
ちょっとだけいい部屋に泊まっている。
寝るところはカプセル方式なのだが、
簡易的ながらも個室が隣接し、
机イスがあり、
一応自分用のテレビもある。
最後くらいちゃんと休んだ方が良いという奥さんからのアドバイスを受け、
この部屋にした。
普通のカプセル方式にも慣れ親しんでいたが、
このように自分のスペースを与えられると、
居住空間に知らないおじさんたちがうろうろしていないということは、
こんなに快適なのかと気づく。

今日はなんと、九州に帰省されていた、わしの職場の関係の方が、
帰りがけに「新幹線で通る駅だから」と、
親子で滞在制作を訪れてくださり、
お土産をいただいたりした。
本当に、ありがたい限りだ。
こうしてわしは、自分の戻るべき東京埼玉に思いを馳せる。
自分の家、職場である旭出学園。
あ、ちなみに旭出学園の新聞&ガムテープでできたゆるキャラ、
「あさひでがくえんさん」は、
今年もゆるキャラグランプリに出場しています!
500位を目指してるけど、正直苦戦中!
よろしければ、投票お願いします!
f0177496_22335537.jpg

http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002923

夜になると、ボリさん(2歳8か月)の体調不良の知らせも奥さんから電話で入り、
心配でならない。
早く良くなると良いのだが。

戻るべき場所のことが気になり、
オリンピックのようなわしの超集中制作期間も、そろそろ終わるのだ、
という思いが強くなる。
早かったな、とも思うが、
充分やった。満足だ。とも言える。
半月も家を空けて好きな事をしたのだから、
今年の残りの期間は、家族や職場にかしずいて生きていきます。

と、言いながらも、
今日からの三日間は、
「大人魚姫の城」に、お客さんが入れるようにするため、
内部構造を大工事中!
針金を組み合わせてテントのような空間を作り、
新聞を大量に降り積もらせて新聞かまくらのようにせしめんとしています。
D.Y.Iな仕事に一日取り組み、汗をかき、
2日目の時点からファブリーズの必要を生じているわしの衣装は、
何だか懐かしいにおいを発していて、
これ何の匂いだっけ?と思い、
浮かんだ顔はサクライ先生、
そう、これは中学の時に所属していた柔道部の部室の匂いなのであった。

工事中の、城の裏側の現在の写真、撮ればよかった。
明日朝忘れずに撮ろう。

東京埼玉に気持ちが戻りつつ、まだたたかいの最中。
[PR]
by syun__kan | 2016-08-09 22:39 | 日記 | Comments(0)
<< 広島滞在制作・11日目・ハードワーク 広島滞在制作・オフ日その2・黒田 >>