広島企画2016・終了・歓喜の暴動

f0177496_2310090.jpg

10日の土曜日の夕方、広島入り。
美術館で一か月振りに作品と対面。
すごく小さく見えた。
大人魚姫の城も、大人魚姫も。
あれ?こんなに小さかったっけ?という感じ。
大人魚姫なんて、2年前に作って最初に千葉の船橋で展示した時から、
半分くらいになった気がした。

自分が通っていた小学校に、久々に行ったりすると、
妙に設備が小さく見えたりするが、
それは自分が大きくなったからではない。
当時の自分は、その場に「入り込んでいた」からだ。
と思った。

だって、作品の補修を始めたら、
城も大人魚姫も、元の大きさを取り戻した。

2学期が始まり久々1週間フルに過ごした末の土曜の体は困憊の疲労を宿していて、
この日は深追いせずに19時、美術館職員の方々や同時参加のスサイタカコさんと、広島市街に食事へ。
食事中、広島東洋カープ25年ぶりの優勝が決まる。
店内にテレビがあったわけではないが、職員さんはスマホで、
東京ドームでの広島―巨人戦の推移をチェックし、
勝ちが決まると、
店内は大盛り上がりになったわけではないが、
静かにホクホクとしていた。

店を出ると、街はそこかしこに、優勝の影響が見て取れた。
道行く人が一様に笑顔だ。
ホテルに向かう過程で、ついにアーケード商店街に差し掛かると、
そこは赤い歓喜の暴動と化していた。
老若男女、人がとめどなく商店街に繰り出していて、
「エーイ!」という掛け声が空間に無数に反響し、
行く人の波、戻る人の波が無差別にハイタッチし合っている。
これは渋谷のハロウィンの騒ぎとは質が違う。
そこに本物の感情があるからだ。
もちろんただの便乗もあるだろうが、
広島のカープファン率は非常に高い。
街にはそこかしこにカープのポスター、道行く人はユニフォームにキャップ、
新聞は黒田黒田。
それが25年ぶりの優勝とあって、
本物の笑顔を無数に見た。
わしももちろん、ハイタッチに加わった。
自分が何か赤いものを身に付けていないかと省みたが、何もなく残念で、
スーツケースを持っているのでニワカ感半端ない感じだが、
しかし8月前半の日記で、わしはさり気なくカープファン宣言したはずだ。
加わっていいだろう、
しかし周囲の人の積年ぶりに比較するとあまりに軽すぎて、
「エーイ!」という掛け声をするのは何となく憚られ、
かわりに「おめでとー!」と言ってタッチした。
わしは勝手に、大学3年時の2004年にインド・ネパールを旅行した時、
ネパールで遭遇した暴動を想起した。
あの時は、人々の本物の怒り、本物の感情に触れ、
日本みたいな安全地帯でちょこちょことアートやってることが恥ずかしくなり、
ちょいとスランプになったりしたものだが、
ところがどっこい、この日本でも、
純化された地方ブランドを25年寝かせて中央を倒したりすれば、
本物の感情の爆発に出会えるではないか。

そのまま、駅近四畳半素泊まり4000円の宿に泊まり、
翌11日は「大人魚姫の城を解体しよう」のワークショップ。
城を取り壊し、廃材となった新聞紙をテープで巻いて各自好きなものを作り、
持って帰ろうというもの。
集まってくださったたくさんの親子連れ様方に、

「取り壊してしまうのは寂しいですが、
この城には、私の、作ろう!という念がこもってます。
どうぞその念を、持ち帰ってください」

と話しかけ、開始。
わしはこの日のためにアレンジしたマイケル風の衣装で、
一思いに、城を破壊、解体、分解しまくった。
昨年、一昨年、「一遍10メートル伝」のワークショップ等でお世話になった、
松山大の先生やゼミのメンバー様も見に来てくださり、
正岡子規の顔写真がプリントされたクッキーなど、
素敵なお土産をたくさんいただいた。
f0177496_23113173.jpg

閉館後は、搬出の準備。
19時半、新幹線に乗り、
日付変更少し前に着いた新橋のカプセルホテルに一泊して翌朝そのまま出勤した。

このようにして夏のWS企画、
「あちらの世界?こちらの世界??」は終わったのである。
最後に残るのは、大体いつも、
自分の未熟と支えていただいた感謝の念だ。
あまりに普通、しかし真実である。
山下様をはじめとする美術館の皆様、スサイ様、素敵なお客様方、
どうもありがとうございました。
f0177496_23131111.jpg

[PR]
by syun__kan | 2016-09-15 23:13 | 日記 | Comments(2)
Commented by サナマンマ at 2016-09-22 17:02 x
現代美術館での解体ショーに家族で参加させていただきました。帰る際に末娘は先生に「お風呂に浮かべるんだ〜」と宣言した通りお風呂に一瞬だけですが浮かべていました。
今の我が家のおもちゃはその日に作ったカープのメット、バット、ボールです。あの城が形を変えて生き続けています。1日で飽きるかと思いましたが、まだまだ現役です。皆さんの創作魂が込められているのかなと思います。この度はありがとうございました。
Commented by syun__kan at 2016-09-22 20:48
ご参加いただき、ありがとうございました!
おうちで活用していただけているとのこと、
非常に嬉しく思います。
お風呂に浮かべたのですね…有言実行ですね。
カープ、今日は負けてしまいましたが、
CSはがんばってほしいですね。

関口光太郎
<< 「大人魚姫の城」 奥さん観ず >>