最近のこと

毎日何かしら作ってアップするということをしているので、
それである程度満たされてしまうのか、
あるいは単に時間が無くなってしまうのか、
気付けば最近日記を書いていなかった。

しかしながら、日記を書くということは、それなりに意味がある。
何年前という時に、わしは何を考えていたのか。
その年齢段階には、その年齢段階特有のフィーリングがある。
次の段階に進むのなら、前の段階のことをさっぱり忘れてしまっても、
まあ良いのかも知れないけど、
忘れないまでも、
読み返せば確認できるくらいにしておくのは、
せっかく色々なことを考えて生きてきたのだから、
有意義なことではないか。
もったいないというやつだ。

例えばだ、昨年の10月のわしの日記を読み返すと、
「約一年半後に個展する」と宣言されていて…
…むむ?
ええっと?
それに従うなら、わしは来年4月に個展をしなければならないということになるが…
どうしよう?
でもまあ、あれだ、
あの時は、依頼された制作物ばかりやり続けていたので、ストレスが溜まっていたのだ。
今年は夏に広島市現代美術館でけっこうはっちゃけられたし、
個展ではなかったにしろ、
ある程度好きに制作活動できたので、今は特にそんな風に思っていなく、
あの日記をひょっとして覚えておられる方は、
何とか、勘弁していただきたい。
その都度仮説を立てて生きて行くしかないんだ、人生は。

御託はこのくらいにして、
たとえショーアップしたり面白い感じの考察を添えられないにしても、
忘れないうちに、最近の出来事を記しておこう。

結局のところ、わしがワークショップの前日入りのために訪れると、
その地のチームは優勝するのである。
夏の広島もそうだった。
今回、10月29日もそうさ。
29日、わしが札幌について、ホテルでテレビをつけたら、
ジャクソンさんが四球を与えて非常にしんどそうな表情でマウンドに立っていた。
日本シリーズは北海道日本ハムファイターズが優勝したのだ。
かの、広島を倒して。
広島のファンは、広島マツダスタジアムにて、自軍を倒して優勝した日ハムの胴上げに対しても、
惜しみない拍手を送ることで、
この物語を非常に美しいものにまとめ上げていた。
広島の方々はやはり美しかった。

翌30日は、北海道新聞社の会議室で、
わしは午前午後、計200人くらいの方々を前に、
ハロウィンの飾りを新聞紙とガムテープで作るワークショップを行った。
わしはこれのために、朝、ホテルで、カラー布テープを使ってスリラー風の衣装を作った。
f0177496_2283585.jpg


札幌の子どもたち、大人たちも、こちらのロボニャンのような、
f0177496_22122386.jpg

素敵な作品をたくさん作っていらした。
どうもありがとうございました。

その後、娘の七五三をしたり、カーペットを買ったり、落語に興味を持ち始めたりしながら、
わしは2016年末を過ごしている。
ええ、以上ですよ。
今日は特に何か宣言したりはしないでおきましょうね。
[PR]
by syun__kan | 2016-11-10 22:19 | 日記 | Comments(0)
<< 蛇口 ナイフ >>