TAMA

f0177496_19173080.jpg
ミニチュア・ピンシャーであるハルちゃんを飼い始めて以降、
たびたび「去勢」の話は出た。
「病気リスク減」
「性格が大人しくなる」
等の理由により。

しかしわしは、どうしても、取れなかった。
TAMAを。

ハルちゃんは、ブリーダーから買った犬だが、
買った時点から、尻尾を短く切られていた。
そうするのが習慣の様で、
問答無用だった。

外国では、尻尾切りを「良くない」とみなし、
生まれたままの長いヒョロヒョロした尻尾でミニチュア・ピンシャーを飼っていたりするそうだが、
日本で見かけるミニピンは、
ほぼ全て、尻尾を切られている。
個人的には、ヒョロヒョロのままで、全然良いと思う。

古くは、断耳の習慣もあったとのこと。
耳を短く切るのだ。
ハルちゃんに関して言えば、それは、されてなかった。
ぺにゃっと垂れた、きくらげのような耳を持っている。

なんで、あるものを取っちゃうんだろう?
ポイポイポイと。
これ以上、取りたくないぜ。
それに、自分に置き換えてしまう面もある。
TAMA…
想像すると、つい、マイケル・ジャクソンの様に、押さえてしまう。
男が、男として、男であるための。
そういうものではないのか。
それに、全身麻酔のリスクもある。

そんなこんなで、6年以上、取らずに来た。
ほんと、トイレに関しては、しつからない子じゃった。
まあそれでも、可愛かった。

しかし前月、前足にできものができ、
全身麻酔で切除することになった。
そこで、信頼する獣医の先生から、
「ついでTAMA取っちゃいませんか?」
とのこと。

この先生に対しては、全幅の信頼を置いているので、
提案されたことには逆らわないことにしている。
どうせ全身麻酔掛けるなら、やるか。
やってしまいましょう。

そんなこんなで、ハルちゃんは6歳にしてついに、TAMA無しになった。
すると、ほぼ全く、トイレを失敗しなくなったのである。
引っ越したばかりの新居には、ハルちゃんのトイレ失敗対策をあれこれ案じていたが、
あまり心配なくなった。
猫のコマちゃんに夜な夜なマウンティングしたりも、なくなった。
おまえをアンポンタンにしていたのは、TAMAだったのか。

トイレを失敗しなくなったハルちゃんは、とても飼いやすい。
ハルちゃんは、今までに増して、愛される存在になった。

その時、旧居のリフォーム代の請求の電話が来た。
ペットのトイレ失敗による被害額は、礼金敷金をはるかに超え…

わしは何となく、男に生まれるということの業の深さを知った。

[PR]
by syun__kan | 2017-05-13 19:21 | 日記 | Comments(0)
<< 牛 またモアイ >>