島根滞在制作6日目:旅

f0177496_21011750.jpg
自由の女神、サグラダファミリア等を付ける。
ヤマタノオロチの体には、「世界子ども美術館」にちなんで、世界のモチーフを付けている。

旅はするものである。
旅行が趣味というわけではないが、
貧乏なりに、今までそれなりに色々な場所に行った。

社会に出てアート活動をするようになってからは、ワークショップや展示で、
国内の色々な場所に呼んでいただけることも出てきた。

昨年夏は広島で滞在制作し、今年の前半には福島でワークショップした。
そして今夏は島根だ。
広島、福島、島根。
今の日本を形作る、重要なポイントを巡らせていただいている気がする。

行った先々で、その場所に関して知ろうとすることで、
自分の見識も広がる。
千葉県船橋市のアンデルセン公園こども美術館で展示した際は、
アンデルセンについて勉強したし、
愛媛でワークショップした際は、
地元を盛り上げる地域振興のパワーに感動した。

浜田市の魚は非常に美味しい。
初日に学芸員さんに連れて行ってもらい、食べたお刺身は新鮮そのもので、
関東で食べるものと全く違った。

色々な土地で得た知識や経験は、
自分の思考パターンのレパートリーを増やし、
様々な状況に対応する力となっていく。

観光名所に足を運ぶのも面白いのだが、もう一つ魅力的なのは、
地元のスーパーに買い物に行くこと。
観光名所等の「よそ行き」の顔ではない、その土地の人の素のニュアンスを感じ取るわけだ。

今回の島根県浜田市でも、「YOUMEマート」というスーパーに、
ほぼ毎晩行っている。
8時過ぎるとお総菜、お弁当類の3割引き・半額シールが眩しい。
そう、半額シールほど眩しいものは無い。全国共通だ。
ホテルにコンロなどないのに、スペアリブ用の骨付き豚肉に貼られたシールさえ眩しい。

それに、浜田市ならではのお総菜があったりする。
今日は「かれいの南蛮漬け」に惹かれた。
かれいは名産である。
それが安価の上さらに、3割引きで手に入る。
奥さんこれはお買い得ですよ。
加えて3割引きのちらし寿司も買い、本日の夕飯にする。

レジの仕組みというのは、昨今様々に多様化している。
資源を守るため、あるいは経費節減のため、
ビニール袋等が自然に付加されない場合も多いし、
セルフレジの場合もあるし、
スキャンだけ店員さんがやって支払いはセルフだったりで、
油断がならない。
YOUMEマートは、ビニール袋は自動で付加されず、
欲しい場合は4円払って買わなくてはならない。
それは、これまでの滞在で分かっていたので、
今日はちゃんと袋を持参している。
しかしわしは油断してしまった。
悠然とホテルの部屋に帰って来てから気付いた。
箸がないのだ。
箸も、ちゃんと「箸ください」と言わなければ、
付いて来ないのであった。

もう夜である…
今からコンビニ等に行って箸を調達するか?
大変だな…
しばしの逡巡の後に、しかしわしはちゃんと解決策を出す。
わしは学生時代に、インドにも旅行したことがあるのだ。
経験は思考のレパートリーを増やす。
インドでは、左手は「不浄の手」で、
食べ物などを掴んではいけないのだけど、
右手は「浄の手」なんですよ。
奥さん。

[PR]
by syun__kan | 2017-08-07 21:06 | 日記 | Comments(0)
<< 島根滞在制作7日目:健康保健衛生 島根滞在制作5日目:ワークショ... >>