島根滞在制作7日目:健康保健衛生

f0177496_23381774.jpg
f0177496_23392440.jpg
今日はついに1週間を迎えた。
つまり折り返し地点である。
この滞在制作は、2週間でヤマタノオロチを完成させようというものである。

体の表面は、だいぶ密度を増してきたが、
なんか禍々しくなってきてしまった。
そう、ちょっと禍々しすぎる。
ちょいまがである。
それは本意ではない。
「世界各地をイメージさせるモチーフ」という目標達成のためには、
もう一工夫要る。

首と頭は、現状では体に平行に付いているが、
これだと子どもが押して、揺らしてボキッとなることが明白に予想させるので、
角度を上に向け、触れない感じで立てることにする。
そのためには、もう一回ホームセンターに行って、ツーバイフォー木材を買い足す必要がある。
そして、これは一昨日のワークショップで参加者の皆さんが作ってくださった首と頭なので、
本当に素晴らしい造形ではあるのだが、
関口的世界に寄せるため、
アレンジを施す必要がある。
そしてさらに重要なことは、まだ4本しかないということ。
ヤマタノさんは首8本である。

といった調子で、
折り返し地点を迎え、依然、予断を許さない状況が続いている。

ここで体調を崩すわけにはいかない。
出張および旅行というのは、いろいろなところに体調を崩すトラップがあるものだが、
それなりに旅慣れてきたので、
いろいろと対策はしている。
つもりだ。
つもりではある。

まずは交通機関における冷房の効きすぎ。
これには、ちゃんとジャージの上着を用意している。

栄養的には、美術館の方が取ってくれたホテルが朝食バイキング付きだったので、
朝ごはんを、野菜を中心に大量に食べることで解決している。

些細というか、女々しいというか、
問題があったのが肌荒れで、
これはホテルのシャンプーが合わなかったからだろうということで、
奥さんに電話して家のシャンプーは何か聞き、
「ジュレーム」ということが分かり、
ドラッグストアで買おうということで、
しかし一本買うと900円台だし、
しかしながらお試しパックも86円だから、
10泊以上泊まるのだからやっぱり一本買おう、
いやでも大浴場にマイシャンプーをボトルで持っていくのって恥ずかしいな、
部屋のユニットバスに入ればよいのでは?
いやいや、足が伸ばせる大浴場はやっぱり良いしな、
部屋であらかじめ染み込ませていくか?
頭にジュレーム染み込ませてから大浴場に行くか?
などと考えたけど結局やっぱりジュレーム一本買い、
多少の恥ずかしさを気にせず、大浴場に持って行って使うことで解決している。

爪切りを忘れたのは小さなミスだ。
スーツケースに入れたつもりだったのだが、入ってなかった。
近いうちに100円ショップで買うことになるだろう。
でも大丈夫だ、体調を崩すようなミスではない。

リップクリームも持っていなかった。
ガムテープを使う際、切ってからいったん上唇に貼る癖があるので、
制作してるとあっという間にガビガビになってしまう。
だから三日目くらいには、買ったのだが、
浜田市の祭りに行った時に失くしてしまった。
ショッキング。
しかしこれも、体調を大きく崩すようなミスではない。

このように、トラップにはまらず、
はまりそうになっても誤魔化しつつ、元気にやっている。

ところでこの美術館の職員さんたちは、小学生の子がいる方が多く、
面白いのは、出勤の際に職場に子どもを連れて来ていたりする点だ。
家で留守番させても良いのだろうが、子どもが楽しめる美術館なので、展示を観て過ごさすこともできるし、
空いている部屋で宿題をさせたりしている。
彼らと少し仲良くなったりもした。

今日は、小4の息子さんが来ていて、
新聞紙で作ったボールとグローブでキャッチボールに誘われた。
制作の合間の気分転換に応じ、
ヤマタノオロチを作っている広い部屋で投げ合う。
彼は運動が得意らしく、良い球を投げる。
こちらも、野球が得意ではないが、
普段の仕事で子どもの遊びに応じることは日常茶飯事なので、負けじと投げる。
またこのグローブとボールが、思いのほか使いやすいのだ。
つい熱が入る。
しかし制作時間も貴重なので、
「あと10球ね」
と呼びかけて終わりにし、
「ありがとうございました」
と言って別れる。
そして気付く。
筋肉痛だ。

[PR]
by syun__kan | 2017-08-08 23:43 | 日記 | Comments(0)
<< 島根滞在制作8日目:怪獣 島根滞在制作6日目:旅 >>