島根滞在制作9日目:搬入口へ移動

気付かれた方がいるかは分からないが、
関口は8月2日に制作初日を迎えて以降、
一日も休んでいない。

昨年広島で滞在制作した際は、
14日間の滞在において、2日間、閉館日があり、
その日はオフ日ということで厳島神社を観に行ったりしたものだ。

しかーし。
この、浜田市世界こども美術館は、
子どもが楽しめる美術館を謳っているだけあって、
なんと8月中は閉館日無しなのであった!

じぇじぇじぇ!
すごいね!
本気だね!

ホテル代を出していただいている以上、
「関口この日休みます」
とか言って、
海水浴とか行ってる場合じゃない。
制作するためのホテル代である。
いつやるか!?
いつ新聞揉むか!?今でしょ!!
世界遺産の石見銀山とか観に行ってる場合じゃない。
こんなに集中して制作できる時なんて、今だけなのだから!
足を延ばして、出雲大社なんか観に行ってる場合じゃない。
こんなにテープ貼りまくれるの、今だけなのだから!
だから8時半から19時半くらいまで、毎日11時間は制作している。


まあ、ちょっと見たかったかな。銀山。社。
まあまあ、運よく神楽は見れたから、良いだろう。
美味しいお魚も食べたし。
浜田市のお・も・て・な・しは、享受している。

ここまで、何故か2013年の流行語大賞のワードを使ってしまったので、
あと一つ、「倍返し」をどうやって使おうか、悩んでいる。

制作場所は、初めは木工室でスタートし、
広い創作室に移動してワークショップを実施したのを機にそこで制作を続けた。
部屋が広いと、引いて全体を見ることができるのでやはり良い。
美術、特に立体作品の制作においては、制作場所は広いに越したことは無い。

そして、明日からその創作室は、他のワークショップで使われるため、
わしは搬入口に移動したのだった。
f0177496_22473027.jpg
f0177496_22475053.jpg
いいね、このコンクリ感。
これでこそ、彫刻のアトリエという感じがする。
空間は広く、そしてきれい過ぎない方が良い。
遠慮なく使える。
彫刻というのは、空間への攻撃である。

制作の進度は…依然、予断を許さない。
あと5日間か…。
首&頭は、今、6本と少しできている。
明日、11日午前中に、8本仕上げたい。
午後に、尻尾を取り付けるための骨組みを作りたい。
12日は、内側を新聞&ガムテープで塞ぎたい。
13日に組み立てて、接続部分を修正したい。
14日は、具を追加して、壊れそうな部分にボンドを塗りたい。
15日は外に出して、組み立てて写真撮りたい。
これで終わりだ。

それにしても、こうして日程を書き連ねると、
こんなに長く家を空けてしまい、
奥さんと娘に申し訳ない、という思いが沸く。
16日に帰ったら、
そう、


倍返しだ!と言い切るには、そんなに役に立てる自信があまりなく、
しかし1.3倍返しくらいは、せねばなるまい。

[PR]
by syun__kan | 2017-08-10 22:52 | 日記 | Comments(0)
<< 島根滞在制作10日目:時代 島根滞在制作8日目:怪獣 >>